フランシスコ (ベージャ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランシスコ・デ・ブラガンサ
D. Francisco de Bragança
ベージャ公ブラガンサ家
Infante Francisco, Duque de Beja.JPG
ベージャ公フランシスコの肖像ドメニコ・ドゥプラ英語版作、1729年-1730年

全名 Francisco Xavier José António Bento Urbano
フランシスコ・シャビエル・ジョゼ・アントニオ・ベント・ウルバーノ
出生 (1691-05-25) 1691年5月25日
 ポルトガル王国リスボン
死去 1742年7月21日(1742-07-21)(51歳)
 ポルトガル王国オビドス英語版
埋葬  ポルトガル王国ブラガンサ王家霊廟英語版
子女 ペドロ
ジョアンポルトガル語版
父親 ペドロ2世
母親 マリー・ゾフィー・フォン・デア・プファルツ
宗教 ローマ・カトリック教会
テンプレートを表示

ベージャ公フランシスコ・デ・ブラガンサポルトガル語: D. Francisco de Bragança1691年5月25日 - 1742年7月21日[1]は、ポルトガル王国インファンテポルトガル王ペドロ2世と2人目の王妃マリー・ゾフィー・フォン・デア・プファルツの息子。

生涯[編集]

インファンテ・フランシスコジャン・ランク英語版作、1729年。

フランシスコは1691年5月25日、リスボンで生まれた。彼はベージャ公の称号とインファンタード家英語版の領地を与えられた。王妃マリア・アンナの妹マリア・マグダレーナとの結婚の計画もあったが婚約は成立しなかった。

1716年、兄のジョアン5世教皇クレメンス11世の呼びかけに応じてオーストリアとヴェネツィア共和国の対オスマン帝国戦争を支援、フランシスコとリオグランデ伯爵ロポ・フルタード・デ・メンドンサを指揮官とするポルトガル艦隊を派遣した[2]

フランシスコは未婚のまま1742年7月21日にオビドス英語版で死去し、リスボンブラガンサ王家霊廟英語版で埋蔵された。

子女[編集]

フランシスコは生涯結婚しなかったが、修道女マリアナ・シルヴィエラとの間で2人の私生児を産んだ。マリアナは1755年のリスボン大地震で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ Infante Francisco of Portugal de Bragança”. 2010年7月19日閲覧。
  2. ^ Nizza da Silva, p. 336.

参考文献[編集]

  • Nizza da Silva, Maria Beatriz (2009) (Portuguese). Reis de Portugal: D. João V. Lisbon: Temas & Debates