フットマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フットマン: footman)とは、イギリスの男性家事使用人(召使)をいう。従僕とも。

名称の由来[編集]

フットマンという名称は、貴族馬車の横、または後を随走する役割を持っていたことに由来し、多くはその身体的能力によって選ばれた。彼らは主人の馬車が溝や木の根によって転覆することがないよう、その横を伴走し、また、主人の目的地への到着の準備をするために、前を走ることもあった[1]。こういった役割は「ランニング・フットマン」と呼ばれ、歩兵などの非乗馬の兵士を任命したものを指してそう呼ばれた。

後に、動員を解かれた将校が気に入った従兵(従卒)を私的使用人として継続して雇用するような場合に用いられるようになり、やがて主人やその賓客が着席して食事する場合に『立ったまま』給仕する家庭内使用人にも適用されるようになった。

召使としてのフットマン[編集]

男性の召使は女性の召使よりかなりコストが高く(使用人税を参照)、またフットマンを持つことはひとつの贅沢であったので、召使を雇う階級のステータスシンボルでもあった。フットマンの担う役割は、コックメイドのようには(さらには執事ほどにも)不可欠なものでなく、最も大きなお屋敷にしかいなかった。フットマンは「使う」対象であるとともに「見せる」ための存在でもあり、背の高いフットマンは低い者より優遇され、外見の良さ、特に脚の形が良いことが重視された。それを強調するため、フットマンは膝丈の半ズボンにストッキングという伝統的な衣装を着用していた。フットマンは未婚であることが求められたため比較的若年の場合が多かったが、他のポスト(執事など)に昇進する可能性もあった。19世紀のフットマンの一人で自らの日記を出版したウィリアム・テーラーは、当時実際には結婚していたものの、それを雇い主には秘密にしておき、休日にだけ家族の元を訪れていた。

大きなお屋敷においては、各種の特定の仕事(そこに何か代々伝わるものがあるかもしれない)、例えば銀器の専門職などにそのためのフットマンを割り当てることがあるが、通常はフットマンは食事の給仕、ドアの開閉、重量物の運搬やメイドが裏側を掃除できるように家具を移動させるといった種類の仕事を担当した。また特に客を訪問するときなどに従者(ヴァレット)の役を兼ねることもあった。

最も高いランクのフットマンは「ファースト・フットマン」と言われ、執事が不在の際にはその代理の役目も果たした。

フットマンは大きなお屋敷で雇用された召使であり、召使や家来の大きな集団を維持できる雇い主が少なくなった今日では極めてまれな存在である。

関連事項[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Olmert, Michael (1996). Milton's Teeth and Ovid's Umbrella: Curiouser & Curiouser Adventures in History, p.87. Simon & Schuster, New York. ISBN 0684801647.