フォーム (ウェブ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォームForm)、入力フォームは、Webプログラミングの技術の1つ。クライアントが情報を入力・選択し、Webサーバ等のフォームを処理するエージェントへ提出するための機構である。

他のプログラムとの組み合わせが容易なことや、双方向性(インタラクティブ)が求められる今日のインターネットのニーズを十分に満たしていたため、Webプログラミングの技術の中でも非常に重要な存在となった。

CGIプログラムPHPプログラムJava Servletにデータを渡して起動することに用いられることが多い。

HTMLXHTMLでは、FORM要素と幾つかの種類の異なった機能を持つコントロール(部品)によって構成される。

主なコントロールの種類と機能[編集]

Mozilla Firefoxでのサンプルフォーム。(クリックでソースコードを確認出来る)
提出ボタン (submit button
アクティブになった時に、フォームに入力された内容を提出する。
取消しボタン (reset button
アクティブになった時に、フォームの内容を初期値に戻す。
押しボタン (push button
アクティブになった時に、あらかじめ作成者によって用意されたクライアントサイドスクリプトを実行する。
チェックボックス (checkbox
ユーザに複数の選択肢の中から任意数を選択させる。
ラジオボタン (radio buttons
ユーザに複数の選択肢の中から1つだけを選択させる。
メニュー (menu
ユーザに選択項目の中から1つ、あるいは複数の項目を選択させる。
テキスト入力 (text input
ユーザに1行あるいは複数行のテキストを入力させる。
ファイル選択 (file select
クライアント・コンピュータにあるファイルサーバアップロードする。
隠しコントロール (hidden control
ウェブブラウザなどの画面にはレンダリングされないが、値は提出される。主にプログラム間での情報の受け渡しに用いられる。
オブジェクトコントロール (object control
標準では定義されないコントロールも使用することができると定義されている

HTMLタグ[編集]

<textarea ~> テキスト入力(複数行) </textarea>
<input type="~" ~> 残り(タイプで指定) </input>

関連項目[編集]