フォート・ローダーデール協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フォートローダーデール協定は、「論文で公表される前に、研究者コミュニティがゲノム配列データを自由に利用できるようにすること」を支持する生物医学分野の研究者による宣言である。 2003年ウェルカムトラストフロリダ州フォートローダーデールで主催した会議でこの協定は宣言された。[1] この協定は、ゲノムデータを共有情報資源として維持・発展させていく責任は次の三者「研究費助成機関、データの生産者と利用者」にあるとしている。[2] フォートローダーデール協定の信条はNational Institute of Healthをはじめとする研究費助成機関に広く受け継がれている。[3]

この協定はバミューダ原則に加え、生物医学文献のオープンアクセス運動の基礎となる文書であると考えられており[4]、 これ以降のデータ共有とオープンアクセスのモデルに多大な影響を与えている。[5]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Sharing Data from Large-scale Biological Research Projects: A System of Tripartite Responsibility”. Wellcome Trust. 2015年10月19日閲覧。
  2. ^ Kaye, Jane; Heeney, Catherine; Hawkins, Naomi; de Vries, Jantina; Boddington, Paula (May 2009). “Data sharing in genomics — re-shaping scientific practice”. Nature Reviews Genetics 10 (5): 331–335. doi:10.1038/nrg2573. 
  3. ^ Committee on Metagenomics: Challenges and Functional Applications, Board on Life Sciences, Division on Earth and Life Studies, National Research Council of the National Academies (2007). New science of metagenomics : revealing the secrets of our microbial planet. Washington, DC: National Academies Press. ISBN 0309106761 
  4. ^ Parker, Michael (2013). “The ethics of open access publishing”. BMC Medical Ethics 14 (1): 16. doi:10.1186/1472-6939-14-16. 
  5. ^ Kaye, Jane; Gibbons, Susan M.C.; Heeney, Catherine; Parker, Michael; Smart, Andrew (2012). Governing biobanks understanding the interplay between law and practice. Oxford [England]: Hart Pub.. p. 297. ISBN 1847318835