フィルタ (信号処理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

信号処理において、フィルタは、不要なコンポーネントや機能を信号から削除する、デバイスまたはプロセスである。

概要[編集]

以下にフィルタを分類する多くの異なる要素を示す。 これらは、多くの異なる方法で重なり合う。 単純な階層的な分類は存在しない。

線形連続時間フィルタ[編集]

用語[編集]

線形フィルタを分類するために使用されるいくつかの用語:

技術[編集]

フィルタは、多数の異なる技術で構築することができる。 同一の伝達関数は、フィルタの数学的性質である、いくつかの異なる方法で実現することができるのと同じであるが、物理的特性は全く異なる。 異なる技術の構成要素は、互いに直接に類似していると、それぞれのフィルタにおいて同じ役割を果たす。 例えば、電子機器の抵抗器、インダクタおよびコンデンサは力学のダンパー、質量とバネにそれぞれ対応する。 同様に、分散型の要素フィルタで対応するコンポーネントがある。

  • 電子フィルタ(フィルタ回路) - 抵抗インダクタンスキャパシタンスから成る完全に受動的だった。アクティブテクノロジーは、設計が容易になり、フィルターの仕様に新たな可能性を開く。
  • ディジタルフィルタ - デジタル形式で表された信号で動作する。デジタルフィルタの本質は、それが直接プログラミングまたはマイクロコードで、所望のフィルタ伝達関数に対応する、数学的ア​​ルゴリズムを実装することである。
  • メカニカルフィルタ英語版 - 機械的構成要素から構築される。電子信号を処理するために使用され、トランスデューサは機械的な振動から、これを変換するために設けられている。しかし、完全に機械的なドメインで動作するように設計されたフィルタも存在する。
  • 光学フィルター - 照明や ​​撮影などの信号処理以外の目的のために開発された。

伝達関数[編集]

伝達関数のフィルタは、ほとんどの場合、複雑な周波数のドメインで定義されている。

伝達関数 フィルタの出力信号の比l 入力信号 複素周波数の関数 :

.

分類[編集]

Electronic linear filters.svg

特定の目的のためのフィルタ[編集]

データからノイズを除去するフィルタ[編集]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考[編集]

  • Miroslav D. Lutovac, Dejan V. Tošić, Brian Lawrence Evans, Filter Design for Signal Processing Using MATLAB and Mathematica, Miroslav Lutovac, 2001 ISBN 0201361302.
  • B. A. Shenoi, Introduction to Digital Signal Processing and Filter Design, John Wiley & Sons, 2005 ISBN 0471656380.
  • L. D. Paarmann, Design and Analysis of Analog Filters: A Signal Processing Perspective, Springer, 2001 ISBN 0792373731.
  • J.S.Chitode, Digital Signal Processing, Technical Publications, 2009 ISBN 8184316461.
  • Leland B. Jackson, Digital Filters and Signal Processing, Springer, 1996 ISBN 079239559X.