ホシバシペリカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィリピンペリカンから転送)
移動先: 案内検索
ホシバシペリカン
ホシバシペリカン
ホシバシペリカン Pelecanus philippensis
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペリカン目 Pelecaniformes
: ペリカン科 Pelecanidae
: ペリカン属 Pelecanus
: ホシバシペリカン
P. philippensis
学名
Pelecanus philippensis Gmelin, 1789[1][2]
和名
ホシバシペリカン[2]
英名
Spot-billed pelican[1][2]

ホシバシペリカンPelecanus philippensis)は、ペリカン目ペリカン科ペリカン属に分類される鳥類。別名フィリピンペリカン[3]

分布[編集]

インドカンボジアスリランカで繁殖[1][3]

インドネシアで少数が繁殖している可能性はあるが、ミャンマーでは近年繁殖の記録がない[1]。タイでは飛来数が増加傾向にあり、カンボジアの繁殖環境が改善された影響による可能性もある[1]。ネパール、ベトナム、ラオスへ飛来することもあるが、近年は中華人民共和国やフィリピンでは記録がない[1]。日本では2006年に幼鳥が奄美大島喜界島に飛来した例がある[4]

形態[編集]

全長150センチメートル[3]。翼長57センチメートル[3]。全身は白い[3]。体側面や腰・尾羽下面の基部を被う羽毛(下尾筒)は淡赤色を帯びる[3]。初列風切や次列風切の羽毛の外縁(羽縁)は黒い[3]

虹彩は白や灰黄色[3]。嘴峰長57センチメートル[3]。嘴は淡赤色で、黒い斑紋が入る[3]。後肢は灰褐色[3]

生態[編集]

浅い湖沼などの淡水域に生息する[3]。群れを形成し生活する[3]。大規模な渡りは行わないが、非繁殖期になるとやや分散することもある[3]

食性は動物食で、魚類などを食べる[3]

繁殖様式は卵生。集団繁殖地(コロニー)を形成する[3]。水辺にある大木の樹上に巣を作る[3]

人間との関係[編集]

森林伐採や湿地開発による生息地の破壊、農薬による影響、漁師によるコロニーの破壊、卵や雛も含む狩猟、外来性の植物による植生の変化などにより生息数は減少している[1][3]1994年における成鳥の生息数は約11,500羽と推定されている[3]2002年における繁殖個体数は5,500 - 10,000羽、2006年における繁殖個体数は13,000 - 18,000羽と推定されている[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i BirdLife International. 2012. Pelecanus philippensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2012: e.T22697604A40286189. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2012-1.RLTS.T22697604A40286189.en. Downloaded on 26 October 2016.
  2. ^ a b c 日本鳥学会 「ホシバシペリカン」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、73頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 竹下信雄 「フィリピンペリカン」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、76、166頁。
  4. ^ 鳥飼久裕・高美喜男・貞光隆志 「鹿児島県奄美大島におけるフィリピンペリカン Pelecanus philippensis の日本初記録」『日本鳥学会誌』第59巻 1号、日本鳥学会、2010年、65-68頁。

関連項目[編集]