フィラグリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィラグリン(Filaggrin)は、表皮顆粒細胞で産生される塩基性タンパク質の一種であり、皮膚のバリア機能に欠かすことのできない角質層を形成するにあたり、ケラチンとともに重要な役割を担っている。前駆体のプロフィラグリンとして生合成され、角質層が形成される段階で、リン酸プロフィラグリンが脱リン酸化加水分解を受けて分解し、フィラグリンが作られる。プロフィラグリンは、フィラグリンが10~12個繋がった巨大なタンパク質である。フィラグリンは、ケラチンと凝集・結合し、ケラチン・パターンを構成するが、最終的にはフィラグリンは角質上層でアミノ酸などの低分子まで分解される。フィラグリンが作られないと角質に異常がおこり、皮膚のバリア機能が低下し、皮膚炎の原因となる。別名ヒスチジン・リッチ・プロテイン。

アトピー性皮膚炎の患者に、フィラグリンの遺伝子異常が多く見つかっていて、アトピー性皮膚炎治療の鍵となる物質として、注目されている。また、尋常性魚鱗癬の患者は、フィラグリンの発現が極度に低下していることが分かっている。