フアン・デ・スビレタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フアン・デ・スビレタスペイン語: Juan de Zubileta)は、16世紀スペインの船乗り[1]フェルディナンド・マゼランの世界周航に同乗し、スペインへの帰還を果たした18名のうちの一人である[2]

見習い水夫としてビクトリア号に乗船し、1522年9月7日、スペインに帰国した。

マゼランの世界周航[編集]

マゼランの世界周航では5隻の船でスペインを出発し、最終的にビクトリア号1隻がスペインへの帰還を果たしたが、船を乗り換えることなく同一の船での初の世界周航を達成した人物は、フアン・デ・スビレタと、同じ見習い水夫のフアン・デ・アラティアの2名のみである。マゼランがフィリピンで死亡した後、船団の指揮を引き継いでスペインへの航海を指揮したフアン・セバスティアン・エルカーノは航海中に何度か船を乗り換えている。

また、最終的に1隻のみとなったビクトリア号でスペインに帰還した18名のうち、出発から帰還まで変わらずにビクトリア号に乗船した人物としても、生還者はフアン・デ・スビレタとフアン・デ・アラティアの2名のみだったと言える。

脚注[編集]

  1. ^ Juan de Zubileta (Leyenda)
  2. ^ Gorostidi Gelbenzu, Angel de (1907), Los euskaros en la primera vuelta al mundo, Euskal-Erria (57): 384.

外部リンク[編集]