ファイル:IP editors synthesis deck (ar es ja bn)Japanese translation.pdf

ナビゲーションに移動 検索に移動
ページに移動


元のファイル(1,500 × 937 ピクセル、ファイルサイズ: 19メガバイト、MIMEタイプ: application/pdf、83 ページ)

概要

解説
English: This project investigated IP editing, also referred to as “anonymous” editing, on multiple Wikipedias, with the broad goal of answering two questions:

(1) Who are the main populations of IP editors, and how are they distributed within the communities that Growth works with? (2) Which populations of IP editors could be encouraged to create accounts, and which populations should be accommodated as IP or “anonymous” editors?

Research began by collecting and interpreting WMF metrics that describe different characteristics of IP editing in 13 candidate Wikipedias specified by the Growth team. After exploring this data, the pool of study communities was narrowed to four—Arabic, Spanish, Bengali, and Japanese—each of which present unique characteristics of IP editing. Arabic appears to be very skeptical of IP edits based on revert rates, for example, while Spanish and Japanese appear to treat IP edits similarly to those made by New Editors.

A survey was distributed in the study communities that aimed to explore community stance and editor beliefs regarding IP editing, including editors’ view of the risks posed by visible IP addresses, the relationship they see between IP editing and vandalism, and range of possible motivations for IP editors that might be observable in their communities. Finally, editors who indicated their interest during the survey were invited to participate in a 60-minute, semi-structured interview in which previously identified topics and themes were explored.

This research indicates that IP editing is a widespread phenomenon, and that the motivations for it are diverse. Furthermore, the nature of IP editing—and community reception of it—differ across Wikipedias.
日付
原典 投稿者自身による著作物
作者 MRaish (WMF)

ライセンス

この作品の著作権者である私は、この作品を以下のライセンスで提供します。
w:ja:クリエイティブ・コモンズ
表示 継承
このファイルはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 4.0 国際ライセンスのもとに利用を許諾されています。
あなたは以下の条件に従う場合に限り、自由に
  • 共有 – 本作品を複製、頒布、展示、実演できます。
  • 再構成 – 二次的著作物を作成できます。
あなたの従うべき条件は以下の通りです。
  • 表示 – あなたは 適切なクレジットを表示し、ライセンスへのリンクを提供し、変更があったらその旨を示さなければなりません。これらは合理的であればどのような方法で行っても構いませんが、許諾者があなたやあなたの利用行為を支持していると示唆するような方法は除きます。
  • 継承 – もしあなたがこの作品をリミックスしたり、改変したり、加工した場合には、あなたはあなたの貢献部分を元の作品とこれと同一または互換性があるライセンスの下に頒布しなければなりません。

キャプション

このファイルの内容を1行で記述してください
Japanese translation of slide deck synthesizing results of 4-language IP editing study

このファイルに描写されている項目

題材

31 5 2022

ファイルの履歴

過去の版のファイルを表示するには、その版の日時をクリックしてください。

日付と時刻サムネイル寸法利用者コメント
現在の版2022年5月31日 (火) 20:032022年5月31日 (火) 20:03時点における版のサムネイル1,500 × 937、83 ページ (19メガバイト)MRaish (WMF)Uploaded own work with UploadWizard

このファイルを使用しているページはありません。

メタデータ