ヒュースデン・ゾルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒュースデン・ゾルダー
原語表記 Koninklijke Beringen-Heusden-Zolder
クラブカラー 白と緑
創設年 1936年
ホームタウン リンブルフ州ヒュースデンゾルダーとベリンゲン
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ヒュースデン・ゾルダー(K. Beringen-Heusden-Zolder)は、ベルギーリンブルフ州ヒュースデンゾルダーとベリンゲンを本拠地としていたサッカークラブ。2006年解散。

日本では2003-2004シーズンに鈴木隆行が在籍していたチームとして知られる。

歴史[編集]

1936年に「S.K. Heusden」として誕生。その後「K.S.K. Heusden」と改名。 1997年には3部リーグに昇格した。 1999年、「K.F.C. Helzold」というクラブと合併し「K. Heusden-Zolder S.K.」。

2001-2002シーズンに初めての2部リーグ昇格。2002年ヘンクのスタジアムへと移転した。

2002-2003シーズンには2部で3位に入ると、プレイオフを勝ち上がってクラブ史上初のジュピラーリーグ(1部)昇格を果たした。これによって10年で5回の昇格、しかも1度の降格も挟まないというベルギーリーグ史上最速の昇格劇となった。

2003-2004シーズン終了後にわずか1年で2部に降格すると、「K. Beringen-Heusden-Zolder」に改名しベリンゲンに本拠地を移転する。ところが2006年3月2日に財政面での問題で2部のライセンス条件を満たせなくなったため、翌シーズンの3部降格が決定すると、クラブはそのまま解散した。

2006年4月25日、4部リーグでプレーしていた「Berkenbos V.V.」というクラブが「Royal Heusden-Zolder」という名前に変更して後継クラブとして活動している。

関連記述[編集]

  • KRCヘンク(選手・スタッフなど人材面で提携。また1部リーグ在籍時には自前の競技場のキャパシティーの問題上、ヘンクが本拠としていたクリスタル・アレーナを間借りしていた)