バルフォア伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代バルフォア伯爵アーサー・ジェイムズ・バルフォア

バルフォア伯爵英語: Earl of Balfour)は、イギリス伯爵位。連合王国貴族首相外相を歴任した保守党の有力政治家であるアーサー・バルフォア1922年に叙位された[1]ことに始まる。

アーサー・バルフォアは同時に「カウンティ・オヴ・ハディントンにおけるウィッティングハムトラップレイン子爵Viscount Traprain, of Whittingehame, in the county of Haddington)」にも叙されたため[1]、バルフォア伯爵にはこの子爵位が付属英語版し、伯爵位の法定推定相続人儀礼称号としてトラップレイン子爵と称する。

授爵時の勅許状英語: Letters patent)において、通例の嫡出男系男子(英語: heirs male of his body lawfully begotten)に加えて次の人物にも爵位の継承を認める特別継承権(Special remainder)が付されていた[1]

  1. ジェラルド・ウィリアム・バルフォアおよびその嫡出男系男子
  2. フランシス・セシル・キャンベル・バルフォア英語版およびその嫡出男系男子
  3. オズワルド・ハーバート・キャンベル・バルフォアおよびその嫡出男系男子

初代伯アーサーは生涯未婚であったため、1930年に死去すると上記の特別継承権によって弟のジェラルドが爵位を継承した。彼も保守党の政治家であり、叔父第3代ソールズベリー侯爵や兄の内閣においてアイルランド担当大臣英語: Chief Secretary for Ireland))や商務大臣英語: President of the Board of Trade)・自治大臣英語: President of the Local Government Board)を務めた。

2代伯の男系男子は孫にあたる4代伯ジェラルドの死去によって絶えたため、4代伯の再従兄弟の息子にあたるロデリックが5代伯となった。彼が2010年現在のバルフォア伯爵である。

伯爵家の邸宅はウェスト・サセックスアランデル英語版近くのバーファム・ロッジ(Burpham Lodge)である。

バルフォア伯爵 (1922年)[編集]

バルフォア伯爵家の系図
ジェイムズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーサー1 フランシス ジェラルド2 ユースタス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロバート3 フランシス オズワルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェラルド4 ユースタス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロデリック5
 
 
 
数字はバルフォア伯爵の代数。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c The London Gazette: no. 32691. p. 3512. 1922年5月5日2013年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、バルフォア伯爵に関するカテゴリがあります。