バティラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Batillus tanker in Saint-Nazaire.jpg
基本情報
経歴
竣工 1976年5月28日
その後 1985年解体
要目
総トン数 275,268 トン
載貨重量 553,662 トン
全長 414.22 m
垂線間長 401.1 m
全幅 63.0 m
喫水 28.6 m
主機関 蒸気タービン 2基
出力 64,800馬力
航海速力 16.7ノット
テンプレートを表示

バティラス (Batillus) は、かつてソシエテ・マリティム・シェル社が所有した原油タンカーで、バティラス級4隻の1番船。

フランスのアトランティーク造船所で建造され、1976年の竣工時は世界最大であり、かつ史上初めて50万重量トンを超えたタンカーであった。 尚、同型4隻の中では3番船「ピエール・ジョーマ」が最も大きく(555,031重量トン)、世界最大を誇ったが、1980年に船体延長した「シーワイズ・ジャイアント(現ノック・ネヴィス)」に抜かれた。(総トン数ではバティラス級の方が大きい)


同型船[編集]

1976年竣工、1986年解体
1977年竣工、1983年解体
1979年竣工、「Sea Brilliance」「Hellas Fos」「Sea Giant」と改名、2003年解体

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船』1977年6月号 No.241
  • 海人社『世界の艦船』1979年10月号 No.274
  • 船舶技術協会『船の科学』1981年2月号 第34巻第2号

外部リンク[編集]