バイナリ転送プロトコル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バイナリ転送プロトコルは、パソコン通信などで利用されるバイナリデータ通信プロトコルである。パソコン通信で送受信できるデータは基本的にテキストデータ(文字情報)のみであり、バイナリデータ(画像など)を送受信するには各種バイナリ転送プロトコルに従ってデータの送受信を行うソフトウェアを使用する必要がある。

代表的なプロトコルにXMODEMがある。バイナリデータを扱えない場合にはishuuencodeBinHexなどのツールを利用し、テキストデータに変換して送受信することもある。

各種バイナリ転送プロトコルの比較[編集]

プロトコル名 パケット長(単位:バイト) ファイル情報転送 先送り処理 エラー検出 エラーの回復 バッチ転送 制御文字のクォート リジューム
XMODEM/SUM 128 × × 8ビットチェックサム × × ×
XMODEM/CRC 128 × × 16ビットCRC × × ×
XMODEM/1k 1024 or 128 × × 16ビットCRC × × ×
Flying-XMODEM 128 or 1024 × 16ビットCRC × × × ×
YMODEM 1024 or 128 × 16ビットCRC × ×
YMODEM-g 1024 or 128 16ビットCRC × × ×
ZMODEM 最大1024の可変長 16ビットCRC
もしくは
32ビットCRC
プロトコル名 パケット長(単位:バイト) ファイル情報転送 先送り処理 エラー検出 エラーの回復 バッチ転送 制御文字のクォート リジューム
B Plus[1] 128バイト単位の可変長 8ビットチェックサム
もしくは
16ビットCRC
×
MLINK パケットの形態を取らない 連続転送 × × × ×
Nmodem 128~4096の可変長 16ビットCRC ×
QuickVAN 128 8ビットチェックサム ×
TransIt 実効91 or 106 8ビットチェックサム
もしくは
16ビットCRC
全てのデータをクォート ×
プロトコル名 パケット長(単位:バイト) ファイル情報転送 先送り処理 エラー検出 エラーの回復 バッチ転送 制御文字のクォート リジューム

※送信側、もしくは受信側の設定により可能。

脚注[編集]

  1. ^ CompuServe発祥のプロトコルで、XMODEMの約2倍の転送速度を持つ。日本においては1990年1月にニフティサーブが採用するなどした。ピクニック企画, 堤大介, ed (1990-03-01). “BPlus” (日本語). 『電脳辞典 1990's パソコン用語のABC』. ピクニック企画. pp. 281. ISBN 4-938659-00-X. 

関連記事[編集]