ハメンクブウォノ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハメンクブウォノ3世
Hamengkubuwana III
ジョグジャカルタ・スルタン
Hamengkubuwono III.jpg
在位 1810年 - 1811年
1812年 - 1814年
全名 Raden Mas Surojo
ラデン・マス・スロジョ
出生

1769年2月20日
オランダ領東インドの旗 オランダ領東インド

スルタン家英語版王侯領ジョグジャカルタ
死去

(1814-11-03) 1814年11月3日(45歳没)
オランダ領東インドの旗 オランダ領東インド

スルタン家王侯領ジョグジャカルタ
子女 ディポヌゴロ
ハメンクブウォノ4世インドネシア語版
王家 ハメンクブウォノ家英語版
父親 ハメンクブウォノ2世インドネシア語版
宗教 イスラム教
テンプレートを表示

ハメンクブウォノ3世Hamengkubuwana III1769年2月20日 - 1814年11月3日)は、オランダ領東インド支配下のスルタン家英語版の第3代スルタン

生涯[編集]

1769年にハメンクブウォノ2世インドネシア語版の息子として生まれる。1810年11月にフランス第一帝政の東インド総督ヘルマン・ダーンデルス英語版がジョグジャカルタ貴族たちから貿易の独占権を奪ったことに反発したラデン・ランガインドネシア語版ラデン・ランガの乱インドネシア語版を引き起こした[1]。ダーンデルスは12月にラデン・ランガが立て籠もるケラトン・ナヨヤカルタ宮殿インドネシア語版を占領して乱を鎮圧するが、ハメンクブウォノ2世は乱の鎮圧に消極的だったため退位させられ、ハメンクブウォノ3世がスルタンに即位した。ダーンデルスは、ハメンクブウォノ2世と叔父ノトクスモインドネシア語版をチレボンに追放した。

1811年にジャワ島イギリスが占領し、植民地支配者がフランスからイギリスに移行した。この政変を受けた12月28日にハメンクブウォノ2世がスルタンに復帰し、ハメンクブウォノ3世は王太子に格下げとなった。しかし、ハメンクブウォノ2世はイギリスから派遣されたジャワ副総督トーマス・ラッフルズと敵対したため廃位の上ペナン島に追放され、ハメンクブウォノ3世が再びスルタンとなった。ハメンクブウォノ3世はダーンデルスの要求に応じて莫大な資金の譲渡や軍備の縮小を余儀なくされ、さらにダーンデルスに付いた叔父ノトクスモを君主とするパク・アラム家英語版の分立を認めることになった。

1814年にハメンクブウォノ3世は崩御し、次男ジャロットがハメンクブウォノ4世インドネシア語版として後を継いだ。長男であるディポヌゴロは身分の低い愛妾との子供だったため王位を継ぐことができず、後年支配者として復帰したオランダへの反感からジャワ戦争を引き起こした。

出典[編集]

  1. ^ ジャワ王侯領経済史序説 (PDF)”. 北海道大学. 2016年11月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • M.C. Ricklefs. 1991. Sejarah Indonesia Modern (terj.). Yogyakarta: Gadjah Mada University Press
  • Purwadi. 2007. Sejarah Raja-Raja Jawa. Yogyakarta: Media Ilmu
インドネシア王室
先代:
ハメンクブウォノ2世インドネシア語版
Royal Seal of the Sultanate of Yogyakarta.svg ハメンクブウォノ家英語版スルタン
第3代:1812年 - 1814年
1810年 - 1811年
次代:
ハメンクブウォノ4世インドネシア語版
ハメンクブウォノ2世