ノート:UNIX Systems Laboratories

Jump to navigation Jump to search

「USLの知的財産権がほぼ認められた形で和解が成立している。」 ってのはいかがなもんでしょう。 Twenty Years of Berkeley Unix: From AT&T-Owned to Freely Redistributable (和訳はこれ http://www.law.co.jp/okamura/OpenSource_Web_Version/chapter03/chapter03.html  )を見る限り、かなり痛み分けという感じですが。 --A-saitoh 2008年7月7日 (月) 14:40 (UTC)