ノート:首実検

Jump to navigation Jump to search

「作法はすべからく戦場にあるが如く」の「すべからく」の文意について[編集]

この「すべからく」は「すべて」の誤記かもしれないと、私も思います。ただ、全体的にちょっと硬めな文の印象から、この首実検の作法についての記述は、もしかしたら何らかの史料を現代文に部分的に訳したものかもしれないという感じを受けました。また、「ぜひとも〜するべき」の意に解釈することも可能なように思えます。

なので、ここは慎重を期して、一度、元の記述(2007年10月31日 (水) 08:19の版)を書かれたかた等に、出典を求めるなどして、そもそもの文意の確認の手続きを取ったほうが良いかもしれないかなと思います。--61.207.246.100 2008年9月10日 (水) 08:20 (UTC)

転載の可能性について[編集]

この版(差分表示)で6000バイト以上も増えておりますが、文章が難解で専門用語が多く、一から起こしたような文章には見えません。もし、似たような文章を見かけましたら、こちらまでご報告お願い致します。--UE-PON2600(旧↑PON) 2008年12月17日 (水) 17:04 (UTC)