ノート:針の眼

ナビゲーションに移動 検索に移動

その島には半身不随の灯台守とその家族が住んでいた。 フェイバーは一家の世話になりながら再度英国脱出を画策するが、心ならずもその家の妻と恋に落ちてしまう。

灯台守なんて出てきません。 恋にも落ちませんね。