ノート:金融機関

ナビゲーションに移動 検索に移動
銀行が預金という形式で集めて融資を行うという直接金融形式、保険会社が保険料という形式で集めて融資を行うという直接金融形式、証券会社が事業法人が株式や社債を発行する間接金融の仲介を行う形式などを挙げることができる。(本文引用)

 銀行の直接金融方式と、保険会社の直接金融方式とでは違うのではないか。銀行は預金という形式で資金を集めるが。保険会社は保険という商品を売っている。  もう少し考える要素がありますが…また別の項目でこのようなものがありました。

≪直接金融≫http://www.findai.com/yogo/0005.htm

借り手が貸し手から、直接お金を融通してもらう方法を直接金融といいます。

借り手(国や企業)が有価証券(株式や債券など)を発行して、貸し手(個人や企業)から直接的に資金を調達します。

直接金融は、借り手と貸し手の間に、金融仲介機関が介在しない取引です。借り手が債務を返さないというリスクは、貸し手(個人や企業)が負っています。

直接金融を行う金融機関には、証券会社があります。証券会社は、直接金融の代表的な金融機関です。証券会社は企業と個人投資家との間に入りますが、仲介だけしか行いません。借り手が債務を返さない場合の責任は負っていません。

その通りです。記事を改正しましょう。 当記事の記述は間違っています。おっしゃるとおり、記事を改訂すべきです。
そもそも、銀行が預金寄託契約などによって、保険会社が保険契約などによって、集めた資金を、企業などの資金需要に応じて融資を行う行為は「間接金融」です。 そもそも、「銀行経由」の融資・「保険会社経由」の融資は、あくまで間接金融に分類されます。
「直接金融」とは、その主体が債権を発行するなどして直接に融通を得る方法です。--shouden 2010年8月2日 (月) 16:55 (UTC)