ノート:著作権法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この記事は一度削除されています。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/著作権法をご覧ください。


1段目には、中学生にでも理解させることができるような、平易で短く簡潔で、つまり「一言でいうと何?」ってのが欲しい。口語訳も欲しいけど後段に置くべき。条文そのものが冗長的だし、それを口語に訳すからさらに長くなる訳だけど…trib 07:57 2003年12月16日 (UTC)

内容的にもデザイン的にも素敵な記事になってます。trib 16:26 2003年12月17日 (UTC)

Globalize[編集]

著作権法は、各国に存在します。この記事では日本の著作権法にしか触れていませんが、他の多くの国の著作権法に関しての加筆が必要であると考えられます。

参考程度に、英語版では各国の著作権法毎に別記事となっております。将来的にこのように分割することも視野に入れられれば良いと思います。

--Shortdesk 2007年8月24日 (金) 02:50 (UTC)

(コメント)韓国の著作権法については記事が作られたので、そろそろ本記事も「著作権法 (日本)」にを分割し基礎解説に特化した記事にすべきでしょう。 --あおみまきな 2008年1月15日 (火) 23:22 (UTC)
基礎解説に関する記述は「著作権法#歴史」の部分のみであり、また「著作権#著作権の歴史」とも重複するため、分割するほどの分量はないようです。むしろ基礎解説は「著作権」に委ね、「著作権法」を日本の現行法の解説に特化するほうが現実的と思います(この場合、「著作権#日本における著作権」、「著作権#著作隣接権(日本)」、「著作権#著作権の制限」など、日本の現行法の条文に依存した記述は、「著作権法」に転記した方がよいかもしれません。)。なお、英語圏と異なり日本語圏の現行法は一つしかないため、項目名については現行のまま「Wikipedia:曖昧さ回避#代表的なトピックを中心とする曖昧さ回避」の方法を採用しても差し支えないと思います。--Quietage 2008年1月21日 (月) 12:24 (UTC)

記事のglobalizationのためには、各国の著作権法や制度についての記事が執筆されることも重要ですが、まずは、各国の法や制度に偏らない著作権法・制度についての概論を充実することが最も重要なのではないかと思います。また、概論にせよ国別の記事にせよ、「著作権法」という括りで書くのか、「著作権制度」という括りで書くのかも問題です。一般に、法律についての記事は、条文番号順の条文の解説や、法改正の経緯などが中心となっている上、米国のデジタルミレニアム著作権法著作権延長法のように改正法ごと記事が執筆され、制度の全容を把握しにくい面があるので、著作権に関する概論や国別の記事は「著作権制度」に関する記事にまとめ(たとえば、保護期間や、権利の制限などのフォーマットを決めて執筆すれば、各国の制度が対比しやすくなるのではないかと思います)、それに加えて必要な国については個別の「著作権法」の記事を作成した方がよいのではないでしょうか。これをまとめると以下のようになります。

このうち、日本以外の「○○の著作権制度」については、今後作成していく必要があります。また、著作権法については、日本の現行著作権法を主要記事と考えて記事名を「著作権法」としていますが、日本の現行特許法の記事名を「著作権法 (日本)」等とし、「著作権法」を曖昧さ回避にしてもよいのではないかと思います。なお、特許関係の記事では、上記と同様の構成を採っています。

著作権関連の記事と特許関連の記事の構成をパラレルにしておくことも、利用性の向上につながると思います。--Pataloha 2008年2月9日 (土) 05:10 (UTC)

2010年5月18日 (火) 14:09の変更点[編集]

要約欄に書ききれないのでこちらに。

  • 「沿革」を充実させた
  • 「概要」から、各論的な部分については節を独立させた。なお、「使用権」が無いのは条文を見れば明らかであり、出典を除去。
  • 「構成」は法律の目次を参照すればいいだけなので除去
  • 「著作者」を「著作物」と分離。さらに、「独自研究ないし『意見』に該当する記述」「曖昧な表現」その他不適切な部分を除去
  • 各支分権について定義のみ記述
  • その他、表現を修正、関連項目を若干整理

全体的に、「著作権」のページとの関係をもう少し整理したほうが良さそうです。--かんぴ 2010年5月18日 (火) 14:14 (UTC)