ノート:編集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

219.163.133.17さんにより、ノートに書くべきものが本文に書かれていたため、それらを以下に移動させました。--FuJi 77 (talk|hist) 2005年12月30日 (金) 10:17 (UTC)

(異説を述べる。上記*1は、編集を狭く捉えすぎでは?書籍や雑誌に公開されているものを組み合わせることもあるが、ネットでの発言、電子メールマガジンでのテキスト、雑誌や発言などから、こういうテーマで書いてほしいという提案をすることもある。知的は発見を促進したり、これまでになかった人と人の組み合わせを提案したり、書き手の発掘も行うことがある。ジャンル自体の発掘あるいは発掘の支援も行うこともある。)
*2(もし、区別するのなら、editingの下位項目では?コンピュータ用語としての区分けも面白いが別の項目として書いた方がよいのでは?)

FeZnです。いまの本項の構成は、僕が3年前に足したものが結構骨格になっていますが、いま見てみると(当時から、でしたが)「英語と日本語の対比を軸にする必要は高くはないなぁ」とも感じます。ただ現代社会における「編集」の語の多様な用いられ方はこのあたりにも起因すると思われるのでこのように書きましたが、本来は欄外のコラム的なものであるべきだとも感じます。
>2006年6月29日 (木) 23:17 Durualclonn1054d (会話 | 投稿記録) (FeZnさん、オーディオにおけるノイズリダクションはnoise reductionであって、noise redaction ではありませんよ。)
おおっ。まったく気づいていませんでした。勉強になりました。ありがとうございます。(いま現在の記憶ではどちらもreductionと記憶していたので、逆方向の間違い。)
僕のオフライン世界での価値観からすると、「編集実務」として分かたれている項こそメインに扱うべきだと当初から感じてはいます。しかし広く現代の日本語(ことに現代、コンピュータおよびインターネットの普及後)での使用状況から見ると、それだけに拘泥するのはいかがなものか、と自戒を込めて考える訳です。
国語辞典的な説明や、他分野における「編集」の語義を包括できる方法として選びましたが、もっと良い方法がありそうなので、抜本的改稿も含めてどなたかに手を入れていただけたらなぁと他力本願(←原義と異なりますが)なことを考えている次第です。(いま書き換えようと思ったのですが、やはり未熟ゆえ難しそうなので。)FeZn 2007年5月3日 (木) 02:56 (UTC)

FeZn様、他、皆様へ。[編集]

英語を軸にした説明文、編集#「編集」の多様性の見出しでは、英語(対訳語)に対して、Wiki間リンクで説明する事で、日本語話者に対して、内容を解り易く出来ると考え、実施しました。
また、編纂、編修との区別に付いても、WiktionaryへのWiki間リンクで語意の明示し、編輯の字句改正に付いても、戦後の当用漢字制定に伴う『同音の漢字による書きかえ』に拠って解説されており、こちらを参照する事で疑問に答える事が出来ると考えました。
編集も、何らかのポータル・プロジェクトから見れば、テンプレート(標準形式)に沿わない恐れはあります。 より良い形の為に、皆様からのご意見を賜ります。(勘違いへの寛大で臨機応変なな処置から、このノートページには話題追加が行われておらず、見出しを付け辛いので、今回小さな見出しをつけました、ご寛恕下さい。)--みぃにゃん会話) 2014年3月14日 (金) 02:35 (UTC)