ノート:特殊詐欺

ナビゲーションに移動 検索に移動

この項目には削除された版があります。削除に至った経緯は Wikipedia:削除依頼/振り込め詐欺Wikipedia:削除依頼/振り込め詐欺 20071024Wikipedia:削除依頼/振り込め詐欺200909 にあります。


「オレオレ詐欺、架空請求詐欺から項目を移し、融資保証金詐欺を新規追加する予定。」 とのコメントがありますが、そのような移動には反対します。kaz 2004年12月10日 (金) 16:35 (UTC)

項目を新設した載、警察庁が統一名称として「振り込め詐欺」と呼ぶことになったため、今後、この手の詐欺事件の報道が「振り込め詐欺」になると考えたためです。実際には「オレオレ詐欺」の知名度が高く、手口の名称としては引き続き使われるようですので、すぐに移さなくてもいいのですが、今後の報道などで「振り込め詐欺」の呼称を多用するようになった際には、統合を検討したほうがいいと思います。融資保証金詐欺はオレオレや架空請求に比べて少ないので、ここに作ってもいいでしょう。Starbacks 2004年12月11日 (土) 00:44 (UTC)

オレオレ詐欺との統合について[編集]

仕切りなおして、統合を提案します。実際、記事の現状も完全に重複しています。ニュース等でも振り込め詐欺の用語が定着してきており、

従来、「オレオレ詐欺」と呼ばれていたが、手口の多様化で名称と実態が合わなくなったため、2004年12月9日に、警察庁によって統一名称として「振り込め詐欺」と呼ぶことが決定された。(記事本文)

で十分と考えます。(以下コメント)この編集は、オレオレ詐欺からの完全なコピペと思われますが、GFDL違反にはあたらないですか?--Num 2005年3月3日 (木) 07:52 (UTC)

統合に賛成です。「オレオレ詐欺」と呼ばれることはなくなったわけではありませんが、「振り込め詐欺」で「オレオレ詐欺」について記述してあるので、「オレオレ詐欺」から「振り込め詐欺」にリダイレクトすれば十分かと。--KENPEI 2005年3月27日 (日) 13:36 (UTC)
統合しました。--KENPEI 2005年4月2日 (土) 05:59 (UTC)

「オレオレ詐欺」と呼ばれることはなくなったわけではありません[編集]

警察庁は、『いわゆる「オレオレ詐欺」事件、誘拐を偽装した恐喝事件、架空請求詐欺(恐喝)事件、融資保証金詐欺事件を総称したものをいう。』としており、「オレオレ詐欺」と呼ばれることはなくなったわけではありませんのでご注意ください。警察庁もいまだに「オレオレ詐欺」という言葉を使用しています。--以上の署名の無いコメントは、220.102.166.205会話/Whois IPv4IPv6)さんが 2005年3月6日 (日) 11:18 に投稿したものです(T.TGYによる付記)。

出典のない記述の除去[編集]

[1]と除去しました。Wikipediaは真偽不明な情報を集めるのではなく、出典により裏付けされた情報のみを集積するところです(WP:V)。除去した部分は、古い版[2]などからいつでも復帰できますので、戻すのであれば出典を明記した上でお願いします。ちなみに、振り込み詐欺ORオレオレ詐欺などで大量のニュースソースは見つかりますが、分別なく集めてここに載せるのもどうかと思います。--fromm 2010年6月23日 (水) 08:37 (UTC)

特殊詐欺への改名提案[編集]

ページ名を、現在の「振り込め詐欺」から「特殊詐欺」への改名を提案します。当初から内容が増えて「振り込め詐欺」のタイトルと合わなくなっていることから、近年警察当局(警視庁)やメディア(コトバンク)などがこの手の詐欺の総称として使っている「特殊詐欺」への改名が適切ではないかと思います。
現在、「特殊詐欺」は「詐欺#特殊詐欺」へのリダイレクトになっているので、合意できれば移動依頼を出します。--Starbacks会話) 2021年4月3日 (土) 01:15 (UTC)

1週間反対意見がなかったので移動依頼を出しました。--Starbacks会話) 2021年4月11日 (日) 05:49 (UTC)

一部手口の改名について[編集]

特殊詐欺への改名以前から立てられている、一部の手口のページ名について、警察当局が特殊詐欺の類型として例示の名称(警視庁)への改名を提案します。

なお、「融資保証金詐欺」はリダイレクトの履歴があるため、合意できれば移動依頼を出します。--Starbacks会話) 2021年5月1日 (土) 04:35 (UTC)

「融資詐欺」 → 「融資保証金詐欺」の移動依頼と他の3項目の移動を行いました。--Starbacks会話) 2021年5月9日 (日) 01:29 (UTC)

劇場型詐欺について追記[編集]

展開 - "初期には単独犯や数人での荒っぽい犯行であったものが、徐々に大がかりな組織によってシステム化された犯行となり、対象者の名簿(カモリスト)が存在する事例や組織内でマニュアルを作成したり訓練を行っているとの事例も伝えられる。"
だけでは、現状のほとんどの組織犯罪者が最も多く利用する劇場型詐欺の状態を明確に説明できていないため、

  • 犯罪組織のシステム化
  • マニュアル化
  • ネット利用のアウトソーシング利用
  • ネット利用の遠隔犯罪化
  • システム化による匿名化
  • 犯罪情報の共有(カモリストなど)
  • システム化による分別犯罪グループの共有
  • 犯罪心理学における、"集団、隠蔽、悪化、弱者の標的化、犯罪者の自殺思想、犠牲者からの犯罪者化"

の犯行

  • 犯罪件数
  • 警察庁が特殊詐欺と呼んでいる項目から劇場型詐欺が件数や項目が多いため別項目扱いになることが明確であること

についての説明が必要。--John3825会話) 2021年6月20日 (日) 05:47 (UTC)