ノート:柳沢吉保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

柳沢吉保公の肖像ですが甲府一蓮寺となっておりますが、この衣冠束帯の正装のものは、韮崎市清哲町常光寺蔵のものではないでしょうか。以上の署名の無いコメントは、60.34.187.186会話/whois)さんが[2008年12月4日 (木) 05:16]に投稿したものです(Iovzyakasi-01-による付記)。

常光寺本の画像がここくらいしか無いのですが、吉保の肖像は同一のものが三幅作成されているので、本画像のように部分であると、一蓮寺本であるという決め手がないのかもしれません。

一蓮寺本は今参照しているのですが、上部にある賛文(?)と画面下の卓上の形ではっきり常光寺本と区別できます。人物の描写に関しては一蓮寺本も常光寺本も、細部にいたるまで同一の描写であるようです。金の彩色が見られる背景の描写などは一蓮寺本と同一に見えるのですが、部分画像である以上は決め手となる識別ができるのか微妙であるかもしれません。--でここ 2009年2月7日 (土) 04:59 (UTC)

>柳沢氏は武田遺臣のうち唯一近世大名化した一族として知られる。 とありますが、武田の遺臣出身の大名には他に土屋氏、米倉氏があり、唯一と言うには当たらないのではないでしょうか。--211.3.126.120 2010年8月27日 (金) 16:22 (UTC)

柳沢吉保に関する噂 の最期の行、死者として というのがおかしいので直そうかと思ったら記事が保護になってるようなので無理でした。--113.148.245.202 2017年12月27日 (水) 22:39 (UTC)