ノート:林道義

ナビゲーションに移動 検索に移動

林道義は心理学者か?[編集]

この人は心理学者ではありません。囲碁研究家兼ユング研究家です。Diogenesis 2004年11月23日 (火) 20:05 (UTC)

Diogenesisさん、ユング心理学が心理学に分類されるのならば、林道義を心理学者と表記してよいのではありませんか?また、林道義の著書、母性の復権にて、著者が実際に心理療法で数多くの患者を診療してきたことが書かれています。何故「囲碁研究家兼ユング研究家です。」という風に心理学研究を一番最後に持ってきたのでしょう。そこに恣意的な感情が垣間見られます。フェミニズムへの反論でも彼の心理学の知識と経験が垣間見られます。囲碁だって心理学を応用しています。これらのことから心理学者と定義して良いのではありませんか。--みそちる 2006年4月25日 (火) 04:19 (UTC)

  • Diogenesis氏の指摘は、心理学研究者にとっては至極当然のように思えます。林氏は大学、大学院を通じて心理学の教育・訓練を受けたことはなく、心理学系学会での活動歴もありません。奉職先の東京女子大学でも一般教育科目担当であって、心理学専攻とは無縁の存在でした。またユング派分析家としての資格も得ていませんので、林氏をユング心理学者と呼ぶことも正しくありません。翻訳家として日本の心理学界に一定の貢献をしてきたことは事実としても、氏の著作や発言を心理学研究の成果と見なすのは間違いのもとです。そもそも医師でもない者が「心理療法で数多くの患者を診療」などしてはなりませんし。121.114.145.188 2006年11月21日 (火) 01:15 (UTC)

訴訟中のことは裁判が終わってから、結果を記述しませんか。どちらの意見が正しいかは、今の段階では裁判官も判決していないのだから、途中経過中にあやふやな記述をするよりは、終わってから断言したほうが良いでしょう。少なくとも私達は裁判官ではない。もうしばらくしたら結果が出るわけだから、急いで、記述する必要はありません。wkipdiaは百科事典ですから、少なくとも執筆者が裁判中の二者のどちらに分があるかなんて書く必要は無いでしょう。どちらが正しいのかを判断して良い者は百科事典を読んだ者のみであろう。--みそちる 2006年4月25日 (火) 04:19 (UTC)

近親者の記述について[編集]

女婿の田中純氏の記述をコメントアウトしました。存命中の人物についての項目ですし、よほど有名で、この項目の記述に必要である理由が無い限り、こうした親族のリストアップは無意味であると考えます。実弟の林紘義氏に関しては、公に林義道批判していらっしゃるので、記述することは意味があると考え、コメントアウトはしませんでした。ただし、それほど重要な記述とも思われませんでしたので、最後のほうに置きました。おーた 2007年2月23日 (金) 13:25 (UTC)

  • 「よほど有名で」は田中純氏に掛かるのですか? 関係に掛かるのですか? どうも、林氏の女婿であることが不名誉であるかのような書き方ですね。116.80.4.168 2008年8月2日 (土) 15:51 (UTC)
  • 会社の平社員なら特筆性はないけど、日本の最高学府の東大の教授であり、著作物も多数、しかもサントリー学芸賞、芸術選奨新人賞、毎日出版文化賞、フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞を受賞するなど優秀・高名な研究者であるため特筆性があるのは明らかです。--Southern Cross III会話) 2016年12月12日 (月) 08:09 (UTC)

名誉教授問題[編集]

存命中の人物の記述ですので、コメントアウトしてあります。過去にも雑誌『諸君!』の記述を典拠に本文記述されたことがありますが、結局削除されたという経緯もあります。『諸君!』の記事の問題点は、「結局、憶測記事でしかない」というところに尽きます。憶測に基づいて、存命中の人物の記述をすることは避けるべきでしょう。もっと、はっきりとした文献が出れば、コメントアウトを解除してよろしいかと思います。おーた 2007年2月23日 (金) 13:25 (UTC)

林道義自身のwebサイトで『諸君!』の記事を含めて林道義自身の主張を改めて読み、東京女子大学が名誉教授の称号を与えなかったことを林道義が不満としており、公の場で抗議していること自体は明白な事実として記述があっても良いかなと考え直しました。ただ、「林は自らの反フェミニズム言説への言論圧殺と告発」というところまで書く必要はないと思います。林道義側の主観が入りすぎますし、上記のサイトを読む限り問題はそんな単純なものじゃなさそうです。「2005年まで奉職していた東京女子大学が名誉教授の称号を自分に与えなかったことは不当であると、公にも抗議している。」ぐらいでしょうか。
(http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/ )
おーた 2007年3月3日 (土) 07:08 (UTC)

「60年安保闘争」主導について[編集]

林道義氏が東京大学在学中に全学連組織部長であったことは複数の資料から裏付けられると私も考えていますが、60年安保闘争を「主導」という記述が出来るほどの資料を知りません。道義氏本人がそういうことを書いていたとは思いますし、探せば出てきそうですが、この手の話は本人申告が一番厄介で疑ってかかるべきでしょう。第3者の証言が文献で確かめられれば、コメントアウト解除してもよろしいかと思います。おーた 2007年2月23日 (金) 13:25 (UTC)