ノート:東京メトロ15000系電車

ナビゲーションに移動 検索に移動

導入年度について[編集]

15000系の導入年度ですが、いくつか疑問点があります。年度をまたいで導入された車両があり、不明な点もあることから、とりあえず整理すると以下のとおりとなります。

なお、以下に記載する「次車」は個人的な推測であり、東京地下鉄公式なものではありませんので、ご注意ください。

  • 2009年度製・1次車:15101・15102F
  • 2010年度製・2次車:15103 - 15106F
  • 2011年度製・3次車:15107 - 15113F

東京地下鉄の2009年度事業計画書面では2編成導入とされ、同年度に2編成導入(深川検車区へと搬入)されましたが、入籍および営業運転開始は2010年度となりました。

2010年度事業計画書面では6編成導入とされ、同年度内には15101・15102Fと15103 - 15106Fが入籍・導入されました。

このため、15101・15102Fは2009年度導入分なのか、2010年度導入分なのかが不明です。ただ、2010年度事業計画のとおり同年度に6編成導入するとあり、実際の導入数と一致することから、15101・15102Fは会計上、2010年度導入分として処理されている可能性もあります。

2011年度事業計画書面では全13編成導入完了とあり、実際に導入された導入分は7編成15107 - 15113Fと確定します。入籍については、交通新聞社「鉄道ダイヤ情報」2012年1月号私鉄車両のうごき記事で確認できることから、全編成の増備が検証可能となりました。

このことから、本文についても「今後の予定」は不要ですので除去いたします。--TKKM 2011年12月21日 (水) 12:35 (UTC)