ノート:日本の電気式気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

『電気式の将来(ハイブリッド気動車)』で、“エネルギー消費については自動車のハイブリッド車と同様に長い勾配がある線区では重量が重いためかえって燃費が悪くなることがわかっており、駅間の長い線区でも従来の気動車と大きな差は出ないため、将来的にも使用線区は限定されるものと思われる。”と投稿した人がいますが、情報源を教えてほしい。

最新の機械式気動車について言及する必然性は?[編集]

「海外での鉄道用『電子制御による機械式変速機』」への言及がありますが、電子制御式の多段式液体変速機との違いが、クラッチ機構(電子制御多板クラッチなど)だけであれば、多段式液体変速機と本質は大差ないということになります。そうなると、この「新しい『機械式変速機』」は、大昔の手動式マニュアルトランスミッションとは本質的に異なったもので、果たして「機械式」と言えるのか、またそもそも電気式気動車の項目でいちいち言及する必要があるのか、大いに疑問です。G463 2007年9月19日 (水) 16:25 (UTC)

JR北海道のモータアシスト式ハイブリッド車両に関するプレスリリース[1]で、「アクティブシフト変速機」なるものについて言及されていますが、図を見る限りにおいて、「アクティブシフト変速機」は「電子制御による機械式変速機」のようです。「アクティブシフト変速機=電子制御による機械式変速機」だとすると、「電子制御による機械式変速機」と「新たなタイプの電気式気動車である『ハイブリッド気動車』」を組み合わせた車両が出てきた以上、言及する必要性があるかもしれません。DC-11 2007年10月27日 (土) 04:57 (UTC)