ノート:座席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Electric goatさん。stubからの加筆ありがとうございます。まず、電車列車鉄道車両列車。これは概念が一応異なりますので。それだけ理解できますでしょうか。いわゆる「鉄」の言い分とはいえ、それを誤解されますと、理解にずれが生じますので。なぜか。電車の所に説明がありますので一応それを参考にしてください。又、私だけかもしれないですが、いわゆる「席次」との兼ね合いも書いて頂ければより良いのですが。Sat.K 15:17 2004年4月2日 (UTC)

もう一つ思い出しました。西武ドームの外野席。これはどう処理しますか?座席自由席ですが、あそこは確かいわゆる椅子が無い記憶があります。Sat.K 15:31 2004年4月2日 (UTC)

Sat.Kさん、こんにちわ。ちょっと面白そうだったので加筆させてもらいました。電車関連の語句については了解です。今まできちんとした定義を知らずに使っていました。「席次」も面白そうですね。あと「王座」とか「特等席」などの慣用的な使い方も書けるかなとか思いました。外野席はどうしましょうね。例外にするには多い例でしょうか。。あと、私はこの辺について特に詳しい知識をもっているわけではないので、たよりにはなりませんですよ (^^; Electric_goat/電気山羊 05:41 2004年4月3日 (UTC)
電気山羊さん。とりあえず、私も上の西武ドームの外野席については、TVで見た程度ですので2004年の販売実態について知らないので何とも言えません。ただ、いわゆる競技場としてないしはドーム球場ですので消防法の定員の兼ね合いで多分何人かを規定されているでしょう。それをどうやって割り振っているかで分かるかとは思います。
また、「特等席」については交通機関では客船で「特等」を設定しているのでそういった事から転じて地位を指すということで記事に落とす事が可能だと思いますね。
ただ、「玉座」となると地位を指すのではないかと私は考えますので、「席次」と同様に記事の中に織り込める気がします。こうなると単なる言葉尻でという訳にはいかないでしょうね。Sat.K 15:26 2004年4月3日 (UTC)