ノート:小林朝夫

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは版指定削除されたことがあります。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/小林朝夫」、「Wikipedia:削除依頼/小林朝夫20180327」、「Wikipedia:削除依頼/小林朝夫20180328」「Wikipedia:削除依頼/小林朝夫 20210719」をご覧ください。

どなたかお願い致します[編集]

"自身のブログの有料記事への誘導・購読者への天然水の販売等が一種のカルト宗教的である、など風説の流布として批判されTwitterを停止"という出展のない表現、またTwitterIDやサイトの末尾につけられた語句の選び方などは性急に記述されたものかと存じますが、侮辱を目的とした誘導行為にも受け取られかねないかと存じます。私は編集時に判断を他に仰ぐタグの使い方の知識に乏しいのでどなたかお願い致します--TOTR 2011年4月14日 (木) 22:47 (UTC)[返信]

朝日新聞事件について[編集]

「公人・著名人」については「もし、ある記述や事件が有名で本人の業績にとって重要で記載するに値するものであり、信頼できる公表済みの情報源できちんと文書化されているものなら、たとえ否定的なもので当の本人が嫌がろうと、記事に含めるにふさわしいでしょう」とのガイドラインがあります。

当該人物は芸能人だったキャリアを公言し、著述活動・塾講師としての活動PRにも用いているのですから、まず第一に「著名人」と見なすべき必然性は十分にあるものと思われます。次いで、当該人物は地震予知、さらには原発事故にかかわる情報をブログ、ツイッターなどで公表していますが、当人の主張によればこれは独自の取材ルートで入手した情報だというのですから、事の重大性に鑑み、その主張の正当性を吟味することは社会にとって十分公益性があるものと認められます。つまり当該人物の発言の信憑性を判断する上で重要なエピソードを記載することには十分な必然性があり、こうした観点からすれば、当該人物の塾を紹介する記事がかつて朝日新聞に掲載された際、その端緒となったのは他人を装った近親者による取材依頼であった、という事実は看過すべからざる重大な意味をもっているものと思われます。この事件については、過去何回か記述を削除する編集がなされていますが、これは複数の週刊誌により検証された事実でもあり、その削除は明らかにガイドラインに反する行為として厳に謹むべきものかと思われます。--Macht会話) 2012年8月26日 (日) 02:34 (UTC)[返信]

些末な活動の全てを記載しないように[編集]

WP:WELLKNOWNにより、「ある記述や事件が有名で本人の業績にとって重要で記載するに値するものであり、信頼できる公表済みの情報源できちんと文書化されているもの」だけを記載する事ができます。--Kyuri1449会話) 2018年3月15日 (木) 15:58 (UTC)[返信]

  • ここで「本人の業績」とは、もちろん、「WP:Nにおいて単独立項に相応しいとされる分野の業績」の事です。後日始めた自由業、副業的な事を長々と第三者言及なしに記述することはありません。--Kyuri1449会話) 2018年3月15日 (木) 16:57 (UTC)[返信]