ノート:対々和

ナビゲーションに移動 検索に移動

全和了型の約XX/XXXを占める[編集]

IP 116.58.145.100さんにお聞きします。手役記事に「全和了型の約○○/○○○を占める」との記述を追加しているのを拝見しましたが([1],[2],[3]等)、これの出典をお示し願えませんか。--Nazki rhetorica [履歴|会話] 2013年4月2日 (火) 12:01 (UTC)

↓に和了型の比率があります。

http://homepage2.nifty.com/rally_tate/mj/2-4.htm

対々和は四暗刻と同じ(1/6,020≒170/1,000,000)になります。 --116.58.145.100 2013年4月2日 (火) 12:34 (UTC)

さっそくの御返答ありがとうございます。いやーお返事が早いと大変助かります。さて本題ですが、このウェブページの作者は麻雀に関しての著書などを出しておられますでしょうか? 実はウィキペディアには割と厳しい基準がありまして、使ってOKな資料と、使っちゃダメです、な資料に分かれるのです。そのウェブページのトップページを拝見しますと、この方はおそらく一般の方ではないかと思うのですがいかがでしょう。(一般の方が書いたものはウィキペディアでは出典として使えません)--Nazki rhetorica [履歴|会話] 2013年4月2日 (火) 12:52 (UTC)
当該記述を一旦除去しました。使用可能な出典が見つかった場合は再投稿して下さい。なおこれに加えて最低点についての記述も除去しました。飜数の記述が既にあり、それで十分だからです。重複や説明不足は避けて下さい。--Nazki rhetorica [履歴|会話] 2013年4月7日 (日) 08:50 (UTC)
(追記) 使用可能な出典が見つかって再投稿する場合ですが、個々の手役記事にバラバラに記述を追加するのではなく、麻雀の役一覧#役の複合の下あたりに新しい節を作って、そこにまとめたほうがいいかもしれません。--Nazki rhetorica [履歴|会話] 2013年4月7日 (日) 09:13 (UTC)