ノート:宿便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

「宿便」と俗称されるものが腸内粘液で繁殖した腸内細菌に過ぎないとされる説が「胃腸の処理能力を超えたために滞留している排泄内容物」説と競合してしまって削除されたようですが、大腸は反芻動物のルーメンと同様の発酵器官であるため、「あえて」内容物を滞留させて繰り返し微生物処理を行う機能を持っています。私が挙げたブルーバックスの書籍には大腸に達する前に全て小腸で吸収されてしまう成分栄養剤投与時の宿便様排泄物に関しても言及しており、胃腸の処理能力云々とは別問題のように思えるのですが、いかんせん学術論文や専門化向けの総説ではないので少々強みを欠きます。とりあえず両論残す形にしておきますので、どなたかもう少し信頼性の高い資料を出していただける方の編集をお願いいたします。--ウミユスリカ 2008年3月14日 (金) 04:47 (UTC)