ノート:宇佐神宮

ナビゲーションに移動 検索に移動

行幸会と薦狩神事[編集]

Omitugiといいます。 宇佐神宮公式ホームページや薦神社ホームページ,その他いくつかの書籍を読んでも,行幸会や薦刈神事が2011年8月現在行われている,という情報が見つかりません。 そこで「なお、この薦刈神事は、現在6年ごとに行われる宇佐神宮行幸会(ぎょうこうえ)の中で、辛島一族が当時より行い伝えている」に要出典を付けました。--Omitugi 2011年8月6日 (土) 13:07 (UTC)[返信]

下宮について[編集]

編集合戦によって2022年6月15日現時点で編集保護下にある本記事ですが、祭神節および境内節の下宮の説明:

「下宮は嵯峨天皇の弘仁年間(810~824年)に朝廷より造宮使が遣わされ、上宮のご分神をお鎮祭し創祀されました。 古くは御炊殿(おいどの)ともいわれ、神前にお供えする御饌(食事)を炊く竈殿(現下見や授与所)があり、農業・漁業をはじめとする一般産業の発展充実を御守りになる神様であります。上宮と同様に歴代の皇室をはじめ、国民の崇敬篤く、特に宇佐地方では「下宮参らにゃ片参り」と称されて親しまれております。また、一之神殿には、八幡大神を顕しになった大神比義命の霊を祀る大神祖神社が相殿として奉斎されております。」

は、下宮に掲示されている説明板の文章をほぼそのまま転載したものであり、著作権侵害にあたると懸念します。また、この文章の出典として挙げられているのは「小川進一『宇佐神宮と大神氏』文芸社」「大神比義命|宇佐市」「國學院大學日本文化研究所『神道事典』P611、宇佐神宮」であり、出典偽装になるとも懸念するところです。そもそも、宇佐神宮公式サイトの由緒境内のご案内に基づけば宇佐神宮全体の祭神の説明たる祭神節において下宮の説明は不要とは思いますが。--Saigen Jiro会話) 2022年6月15日 (水) 05:35 (UTC)[返信]

匿名利用者185.203.122.127194.233.96.172による編集に対する抗議と当記事の編集について[編集]

匿名利用者185.203.122.127194.233.96.172の編集は、

  • そもそも文章が支離滅裂で記事が人に読まれることを想定していない。
  • Wikipediaの基本的な記述方法を理解していない。
  • 出典を明記せず素人である自らの判断で記述を追加したり削除したりしている。
  • 出典を明記していても、それを独断で否定している。
  • 独断で一方の説を肯定する史料の存在を無かったことにしたり、逆に一研究者による一説をあたかも定説であるかのように記したりしている(例:大神氏 (豊後国)大神良臣の子孫であることを豊後大神氏が自らの系図で主張していたり[1]、それを後の研究者は肯定している[2][3]のにも関わらず、無学にして独断的に(例:大神氏にも様々な流れがあることを考慮せずに、「同じ大神氏なのだから大神比義系の大神氏と豊後大神氏は同族に違いない(彼の文章が支離滅裂なので確実とは言えないのですがおそらくこう述べている)として編集を断行している)編集を断行している。
  • その編集の悪質さから、実際に匿名利用者185.203.122.127194.233.96.172は2018年と2022年現在(おそらく昨日(2022年6月15日)から)それぞれ数年の投稿ブロックの判断が下されている。

そこで、匿名利用者185.203.122.127194.233.96.172の編集よりはまだ記事として成立している私の編集した記事を正式なものとして公開したいのですが、いかがでしょうか。 もちろん、私以上に優れた記事を書く方がいらっしゃれば、そちらの方の書いた記事を公開するべきだと思います。 学者気取りの先頭はここで終わり!会話) 2022年6月16日 (木) 00:59 (UTC) 学者気取りの先頭はここで終わり!会話) 2022年6月16日 (木) 01:05 (UTC)[返信]

コメント Wikipedia:腕ずくで解決しようとしないWikipedia:中立的な観点に照らして、件のIP氏と学者気取りの先頭はここで終わり!さんの双方が本記事から手を引くとともに、IP氏が編集し始める前の版に巻き戻すことを希望します。--Saigen Jiro会話) 2022年6月16日 (木) 12:37 (UTC)[返信]
  1. ^ さとうたくみ「『緒方家譜』による三輪一族と豊後大神氏」[1]
  2. ^ 賀来惟達 『大神姓系譜(1-13巻)』[2]、1933年12月。
  3. ^ 太田亮 『姓氏家系大辞典』姓氏家系大辞典刊行会、1934年。2017年9月25日閲覧。