ノート:奴隷

ナビゲーションに移動 検索に移動

差別された人がみな奴隷というわけではありません。形態を厳密にみていくべきです。

モーセの話はそれ自体が史実性を疑われています。奴隷制の理解に役立つとは思えません。その後のユダヤ人は、奴隷ではありません。

パレスチナ難民は、アラブ諸国に受け入れられ、勤勉で教育熱心との評判をとりました。現地諸国との摩擦はありましたが、奴隷ではありません。

アパルトヘイト下の黒人は確かに差別はされていました。が、白人が「奴隷主」だったわけではありません。黒人は賃労働契約で働いていました。

インドのスードラ、アチュートは差別され卑しめられた身分ですが実態的に奴隷と言っていいのか疑問です。しかし奴隷階級と実際言いますので、これは残して、カーストに詳しい解説を任せることにしましょう。

仏教、キリスト教、イスラム教は、人間の平等を根底にもっていますが、長い間、奴隷「制度」には反対しませんでした。時代による変化の記述が将来書かれればよいと思います。

江戸時代以降の被差別民は、奴隷ではありません。売買され個々人が拘束された下人や芸娼妓が奴隷とみなされるべきです。

キング牧師とマルコムXが闘った相手は奴隷制度ではありません。Kinori 03:20 2004年2月12日 (UTC)


210.189.145.142さんへ

慰安婦を集める際に、朝鮮や台湾で憲兵隊が関与したという説は、現在のところ立証されていません。

「取り締まり不十分」について着目されて書かれた場合、そういった視点で書くとなるとwikiに多数ある事件についての項目も同様に書き直しということになりますが、よろしいのですか?以上の署名の無いコメントは、アリヨール会話履歴)氏が[2007年1月8日 (月) 00:46]に投稿したものです。

横から失礼します。一口に奴隷といっても、その時代や地域によってその内実に大きな違いがあるようです。まず定義の限定化から作業を進められてはいかがでしょうか?--ピノキオ 2009年1月29日 (木) 00:27 (UTC)

Cpro氏による恣意的なブロック行動について[編集]

新項目として“チベット”における奴隷制の形態をupしたところ、Cpro氏により一方的にリバートされてしまいました。農奴制のページでも一方的に荒らし認定をしているようですが、このような恣意的な運用はWikipediaの内容を偏向させる意図を有しているとしか考えられません。--121.111.207.99 2009年1月28日 (水) 02:32 (UTC)

あなたは件のフリービット可変IPですか?ノート:農奴制を白紙化した人が言うことでしょうか。言い分があるのでしたらWikipedia:投稿ブロック依頼/フリービット可変IP広域ブロックでどうぞ。--ポコポコ 2009年1月28日 (水) 11:34 (UTC)

2011年1月7日(金)16:01からの版について[編集]

冒記[1]について、『古代ギリシャの部族間紛争では敗れた側の住民は殺害されるか奴隷となるかの2択』『征服地の住民は多くが奴隷として使役され』『古代のヨーロッパ(ギリシア・ローマなど)は~奴隷の定義は、人ではなく物であった』『アジア世界の奴隷が持つ一般民との差異は労働に関する制約がほとんどであり、欧州圏とは異なり奴隷の殺害を罪に問う社会が多かった』など断定の(典拠)不明。--大和屋敷 2011年1月7日 (金) 18:07 (UTC)

アリストテレスが言ってますよ、奴隷は物性だと。アテナイやマケドニア王国、共和制ローマが攻略した都市においては、成人男子を処刑しそれ以外を全て奴隷とする処置が一般的、これは戦史、アレクサンドロス東征記、同時代史等を読めば明白。ペルシャ文明や中国文明の奴隷が欧州世界の奴隷ほど劣悪な状況になかったことは、中国の科学と文明に書かれてます。ローマ人の物語を典拠にしてはいけません。--220.104.202.194 2011年1月8日 (土) 13:28 (UTC)

「アリストテレスが言っている」では典拠になりませんよ。例えばどこの出版社のどういう本に書いてあるとか、それが典拠でしょう?--Back12 2011年1月10日 (月) 12:01 (UTC)
「アテナイ人の国制」や「政治学」に、人ではなく物であり道具である、とありますよ「中国の科学と文明」でも言及されてますね。--220.104.202.194 2011年1月16日 (日) 05:35 (UTC)
その「個別の情報」(「アテナイ人の国制」や「政治学」の記述)のみ記述するようにしてください。「だから古代西欧は○○」「古代東洋は××」は独自研究になります。「だから~」以降は読者がWikipediaを読んで、おのおの独自に結論に至るようにするのが最善です。百科事典としてWikipedia読者に楽しんでもらうよう記述を工夫してください。もっとも、古代の奴隷制について公表された二次文献の記述を適切に引用するのは極めて有意義で、そういった文献を探してきてご紹介くだされば非常に有難いです。一読者の視点から加筆に参加するとしばしば独自研究になります。自分を突き放してください。--大和屋敷 2011年1月16日 (日) 11:48 (UTC)研究の成果や結論を公表する感覚ではなく、読者の研究のための素材・足がかりをコレクションする場所だ、という感覚でということです。「読者に教える」感覚では適切でないことが多いです。詳しくはWikipedia:独自研究は載せないをご一読ください。--大和屋敷 2011年1月16日 (日) 11:56 (UTC)
小説を根拠として引用するのはいけません。また、稀有な事例を一般的な出来事の様に、一般的な出来事を少数例かの様に誤誘導を図るのもいけません。--220.104.202.194 2011年1月17日 (月) 14:51 (UTC)
「ローマ人の物語」ですね。過渡的な情報源ではあっても百科事典としては弱いですね。--大和屋敷 2011年1月17日 (月) 14:57 (UTC)

独自研究vs独自研究[編集]

  • IPアドレスさんにより出典不明の内容が投稿されましたが、「独自研究の可能性がある記述」を他の編集者が「独自研究」で修正し編集合戦になることはWikipediaによくある笑い話ですのでご注意下さい。正確性に疑念がある、あるいは引用元の明示をもとめたい場合はTemplate:要出典範囲を利用することができます。IPアドレスさんの投稿はすべて引用元や出典が不明ですので、引用可能な情報源をまず探してきてください。--大和屋敷 2011年1月18日 (火) 07:35 (UTC)
明らかに出典の存在しない作文にやたら固執する理由が解ります。そもそもアリストテレスの発言と真っ向から矛盾する古代欧州賛美の空想全開な作文を修正しない時点で、噴飯物だけどね。--220.104.202.194 2011年1月18日 (火) 20:01 (UTC)
  • どっちの独自研究をとりあえず採用しておくかという問題は悩ましいところです。--大和屋敷 2011年1月18日 (火) 20:24 (UTC)

リバート合戦[編集]

2011年2月3日(木)19:49以降の版 [2]でリバート合戦風味になっておりますので。引用元[3]では「ポリスは奴隷制を基盤にしたものではあったが,スパルタを除けば奴隷の収奪を主要な目的とした社会組織ではなかった」(P.5)とあり、あきらかに「スパルタを除けば奴隷の獲得を主要な目的とした社会組織ではなかった」(赤雲斗)とは記述されていません。「奴隷の獲得を目的とした社会組織」とは要は「人狩り」を目的とした社会組織を含意させたいように読めますが、「奴隷の収奪を目的とした社会組織」とは「人狩り」云々ではなく「奴隷に強制労働を強い、その果実を収奪することを目的とした(=に適合した)社会」という意味になります。文字をそのまま引用しているのに「出展元とは文面が微妙に異な」るとの批判はよくわかりませんし、「読み手に誤解を与える」との批判は、貴殿の誤読に起因しているものであり、申し訳ないですが適切に読解頂くほかないです。--大和屋敷 2011年2月4日 (金) 20:12 (UTC)ああ。「奴隷収奪」と「奴隷の収奪」は微妙に違うようなので修正します--大和屋敷 2011年2月4日 (金) 20:17 (UTC)

「ポリスは奴隷制を基盤にしたものではあったが,スパルタを除けば奴隷の収奪を主要な目的とした社会組織ではなかった」とは、「人狩りを目的とした社会組織ではなかった」という意味であって、「奴隷に強制労働を強いその果実を収奪することを目的とした社会ではなかった」という意味では明らかにありません。 奴隷制社会とは「奴隷に強制労働を強いその果実を収奪することを目的とした社会」であるからで、スパルタが奴隷の収奪を目的とした社会組織だったことはスパルタにおいては市民の数が著しく少なかった(アテナイの1/10以下)事からも判明しています。--赤雲斗 2011年2月8日 (火) 09:14 (UTC)
えーと・・・ノートに書かれた日付も見ず、脊髄反射で応答してしまい失礼しました。 ついでなので1つ、自ら引用した参考文献の中で書かれている大和屋敷氏にとって快くない部分をカットしたり改変を加えて載せるのは止めて下さい。以前自らが述べた、事実や引用の辞書的な記述を心掛け、判断は読み手に任せると言う発言にそぐわないと思います。--赤雲斗 2011年2月8日 (火) 09:31 (UTC)
  • オマエモナー.。.:*(´∀`*)*:.。.:*:--大和屋敷 2011年2月8日 (火) 17:35 (UTC)
  • IPアドレス投稿者によるリバートがくりかえされており、保護依頼を提出しました。--大和屋敷 2011年2月18日 (金) 15:47 (UTC)
参考文献の文章を不自然な形でぶっつり切り取って継ぎ接ぎする作為的な引用は宜しくないかと、いくら大和屋敷さんの想い描くローマ像から懸け離れているとしても。--赤雲斗 2011年2月18日 (金) 16:36 (UTC)
ヤラレタ(o_△_)o--大和屋敷 2011年2月18日 (金) 16:44 (UTC)
  • どんまい^w^保護解除依頼すればいいじゃないかな。西欧人ならともかく日本人で無理にローマ人美化する感覚がよく解らないけど
  • あ、あと、Wikipedia:Three-revert rule違反すると最良の場合ブロックされる建前らしいですよ--219.161.42.189 2011年2月18日 (金) 22:16 (UTC)

他言語版の「日本の奴隷制」へのリンクについて[編集]

他言語版(英語およびフランス語)では、「日本の奴隷制」が独立ページとして存在しており、 本記事にはない記述、および参考文献もみられます。 そのため、2013年3月27日 (水) 22:35‎ に言語間リンクを作成しました。 2013年3月28日 (木) 05:08‎ に大和屋敷氏による取り消しがありましたが、理由の説明が見当たりません。 大和屋敷氏は、本件に関して説明をしてください。--五穀会話) 2013年3月28日 (木) 11:26 (UTC)

農地解放令に関して[編集]

毎日新聞中の記事並びに記事元と成ったGHQの農地解放に関する覚書で、はっきり奴隷階級や奴隷化された農民と書かれているので、奴隷の字句のみを作為的に削除するのは不適切でしょう。--182.21.34.31 2018年12月18日 (火) 10:12 (UTC)

編集合戦の際の当事者でない者から言わせて頂きます。デジタル毎日の有料会員に登録していたので私の方で確認してみました。結論から言えば、あなたの意見には賛同出来かねます。以下、必要な箇所を記事(農地改革 GHQ主導の断行評価)から引用しますが、「GHQが突然「農地改革についての覚書」を発表し、「日本農民を奴隷化してきた経済的桎梏(しっこく)(自由を束縛するもの)を打破する」として、政府に新たな農地改革案を提出するよう命令した」という部分のことを指しているのだと思います。しかし、あなたの言うような毎日新聞中の記事内で奴隷階級どうこうと書かれているものはありませんでした。引用箇所にあるような覚書のみであればGHQの政治的な文句に過ぎないと判断するのが妥当であり、客観的な事実であるかのように記載するのは極めて不適切です。--指定山崎会話) 2018年12月21日 (金) 09:06 (UTC)
  • 新聞の報道は匿名の記者により執筆されたものですから、その文面の文脈をソースにして百科事典を執筆するのは不適切です。事実関係については「〇〇新聞×年〇月△日の記事に◇◇との記述がある」とは採録できますが、当wikipedia記事の趣旨から考えてそのような事実関係についての記述は不要でしょう。--大和屋敷会話) 2018年12月21日 (金) 09:15 (UTC)記事の状態を確認したところ「大日本帝国~滅亡後」云々と編集残滓があるようなので規制解除後に除去します。--大和屋敷会話) 2018年12月21日 (金) 20:44 (UTC)