半保護されたページ

ノート:天体物理学

ナビゲーションに移動 検索に移動

アイザック・ニュートンが『プリンキピア』を出版した後、航海術の分野に変化が起こった。1670年頃から、近代的な緯度測定器具と当時最高精度の時計を用いて、世界中で自分の位置が測定されるようになったのである。航海の必要性が高まるにつれ、より高精度の天文観測や観測器具を求める動きが次第に増してきた。この流れを背景にして、天文学者はより多くの質の良い観測データを得るようになった。

とありますが、コロンブスが1492にアメリカ大陸に到達していることを考えると、ニュートンの成果が直接航海術に影響を与えたのかは不明ではないでしょうか?--125.198.182.241 2007年11月18日 (日) 09:30 (UTC)[返信]

19世紀の終わりには、太陽の光を分光すると多数のスペクトル線(光が弱い、またはほとんど見られない領域)が見られることが発見された。

とありますが、フラウンホーファー線が発見されたのは1813年です。また、スペクトル線(光が弱い、またはほとんど見られない領域)の括弧内の意味が不明です。確認をお願いします。--125.198.182.241 2007年11月18日 (日) 09:39 (UTC)[返信]

翻訳の版

第2版のHinaさんによる2005-01-15T18:35時点の翻訳元は英語版Astrophysics 2004年11月13日 16:08 (UTC)の版と思われます。版継承のため記しました。 --Omotecho会話) 2019年5月28日 (火) 04:54 (UTC)[返信]