ノート:占い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太乙神数について[編集]

太乙神数の表記をわざわざ太乙神に間違えて変えていく方がいるのですが、太乙神数の原典の名称が「太乙数統宗大全」であることから考えても、太乙数または太乙神数であるべきで、太乙神は間違いでしょう。--北斗柄 2008年1月24日 (木) 07:37 (UTC)

外部リンクについて[編集]

資料として参考になるサイトへのリンクは問題ないと思いますが、明らかな商業サイトへのリンクを貼るのは問題であるかと感じます。--210.189.114.151 2006年6月19日 (月) 21:54 (UTC)

占いの理論だけ/診断を無料で、提供しているサイトはあまり多くないと思います。商業サイトが混ざってしまうのは仕方ないことでしょう。しかし外部リンクの説明には業者側の宣伝、恣意が感じられます。時間がとれれば私自身が記述を客観的なものに修正したいし、他の人がそうするのも賛成です。2006/07/28

Wikipedia:外部リンクの選び方のガイドラインが参考になるでしょう。--fromm 2007年1月22日 (月) 13:00 (UTC)

陰陽祐気学について[編集]

著名性に疑問。ざっと検索した限りでは、特定の占い師さんの流派名のようなもののように見受けられます。九星気学といったものと並列するべきものか、というか、項目として立てる意味が果たしてあるのか、根拠が弱いように思います。--Clinamen 2010年3月9日 (火) 11:19 (UTC)

内容的にも疑問が多いですね。まず『気学』という名称自体が明治大正以降に確立されたものですし。削除してしまった方がベターだと思います。--北斗柄 2010年3月10日 (水) 08:22 (UTC)

まあ、ゼロ学とか、六星占術、動物占いとか、「ごく近年に発明された、個人の提唱になる占い」も入っているので、それだけでアウトにはならないと思うのですが、一時期流行して、いちおうある程度の人は知っている、というような特筆性がないと、多分、それも入れるならあれも入れないと、というのは、占いには無数にあるはずなので、私が知らないだけで、その世界では有名かも、というのがあるかもしれず、ちょっと確認が面倒なところです。検索した限りでは、アウトっぽいかなあ、という印象なのですが。--Clinamen 2010年3月10日 (水) 13:20 (UTC)

一応『その世界』の関係者ですけど、初耳の部類ですね。--北斗柄 2010年3月11日 (木) 07:55 (UTC)