ノート:北山修

Jump to navigation Jump to search

著書の中で(例・最後の授業50ページより)何度も「精神分析家は楽屋を見せないもの」と語っておられるのに、ご家族のことを記すのはいかがでしょうか。娘さんの記述、一時削除させていただきました。BillyBishop 2010年7月24日 (土) 17:44 (UTC)

「精神科医と芸能活動の両視点から書かれた主な著作」の項目をたてました。ご検討、賛成いただけるならご加筆お願いいたします。BillyBishop 2010年7月24日 (土) 17:44 (UTC)

精神医学者としてのキャリア、著書にも触れて欲しい。Mishika 2006年3月7日 (火) 02:40 (UTC)

こんなに面白い精神医学についての本を書いているのに、音楽の方が協調されて残念。「共に見る」理論を誰か要約していただきたい。(2007-08-04T16:54:49) 218.223.193.144氏による記述
精神医学に関する著書が載っているのに、音楽関連の著書がまったく出ていないのが残念です。名著もあるのに。(ビートルズ、講談社、1987年)

生誕地について[編集]

彼の著作の著者プロフィール等を見ると,「兵庫県淡路島に生まれ京都に育つ」とあります. 2007-01-08T12:34:04に61.118.138.43氏による記述

ヒューマンズーについて[編集]

自切俳人のオールナイトニッポンのリスナーでした。 放送の中で、ヒュマンズーの曲を使っていたとおもいます。 (記憶では) はっきりしたら、編集します。2007-01-27T21:51:21にZaud 氏による記述