ノート:加藤綾子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

保護中のメモ[編集]

「「パン」シリーズ」のカテゴリ。保護状態でつけられません。付け足しできる方、追加していただけませんか?--106.158.195.220 2013年9月11日 (水) 16:20 (UTC)

加藤綾子さんがアナウンサーを目指したきっかけ[編集]

保護中のため、付け足しができません。以下、付け足していただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーー 加藤が大学3年になり、就職活動をしていた頃「音楽の先生になりたい」と考えていた。しかし、当時お付き合いしていた社会人なりたての彼氏に「君には何か魅力が足りない。先生になるのが目標というが、どうしてもなりたいという風にも見えない。例えば、毎日違う情報を伝えるアナウンサーなんて、すごく刺激的な仕事。魅力的な女性になれるかもしれない。」と言われた。アナウンサーになるなんて考えたこともなかったが、彼に頑張っている姿を見せたいという一心で親にも相談せずにアナウンススクールに通い始め、通ううちに言葉で伝えることの楽しさに目覚めた。

出典:2016.11.21出版「あさえがお」 発行 小学館

ーーーーーーーー よろしくお願いいたします。 --こつん会話) 2017年6月6日 (火) 12:04 (UTC)