ノート:分析哲学

ナビゲーションに移動 検索に移動

あからさまに「分析哲学者」と呼ぶのが相応しいかどうか分からない人もいるかもしれませんが、 ストローソン、オースティン、エア、デイヴィッドソン、グッドマンを追加しておきました。

分析的教育哲学[編集]

分析哲学の記述は見られるが、分析哲学に基ずく教育哲学の記述が皆無なことに最近気付いて、あらためてこの分野の日本の後進性を再認識した。とりあえずスケッチを掲載する。後で海外の文献リストを掲載する。

  古味堯通 分析的教育哲学(Analytic philosophy of Education )の日本への導入に努めた

「教育理論―その論理的前提」〔昭和35年 日本教育学会大阪大会〕について稲富栄次郎は「わが国で最初の教育学の学問的性格を明らかにしようとする発表である」として教育学術新聞に掲載した(昭和35年5月9日 第215号)  

関連

         教育哲学の科学性          日本教育学会 昭和31年
         教育学と論理実証主義        九州教育学会 昭和31年
         教育の意味論的把握         九州教育学会 昭和32年
         教育学の構造            日本教育学会 昭和33年
         分析的教育哲学の課題        日本教育学会 昭和34年
         教育の理論―説明の論理       九州教育学会 昭和35年
         教育哲学と教育科学         日本教育学会 昭和36年
         教育理論の科学性について      日本教育学会 昭和38年
         教育理論の進め方について      日本教育学会 昭和39年
         情報の精度について         九州教育学会 昭和42年
         教育理論における反証可能性について 日本教育学会 平成 2年

     教育哲学と教育理論ー分析哲学的発想ー九州大学教育学部紀要7集      教育学の哲学            九州大学教育部紀要第9集      統合の知識論ーその1-       福岡教育大学紀要第19号      統合の知識論ーその2-       福岡教育大学紀要第20号      教育理論の教育現実への有効性をめぐる佐賀大学教育学部研究論文集      諸問題ーその1-          第38集2号         -その2-          佐賀大学教育学部論叢創刊号         -その3-          九州女子大学紀要第28巻

「だろう?」[編集]

不確かな断定「だろう」を本文に列挙するのは、Wikipeidaとしていかがなもの「だろう」か?
そもそも「不確か」といわれてしまうと、反論等もしようが無い。
>・「しかし、概ね次のように特徴付けることができるだろう。」
>・「分析哲学の一分野であり得るだろうし、」
>・「分析形而上学となり得るだろう。」