ノート:六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

個人のブログ[編集]

「処理工場廃液の生体濃縮について」は出典が個人のブログのため、出典の基準から外れて、不適切です。--121.87.109.203 2009年12月5日 (土) 19:16 (UTC)

下記の講談社宛てにエネルギー戦略研究会(EEE会議)他が抗議した文書についての記述の追加を希望します。 『貴社出版物「ロッカショ」に対する抗議文』(この記述は2008年3月16日 (日) 13:52に118.0.13.84によって追加されました。--Uniontour 2008年3月25日 (火) 12:49 (UTC))

Bq と Svの深いみぞ[編集]

反対側が放射能の量(ベクレルBq)や濃度(Bq/kg)を問題にしているのに対して、推進側が放射線の被曝量(シーベルトSv)で問題ありませんと答える場面が、たくさんあります。この議論が全くかみ合っていませんし、合意に至ることはないでしょう。--Nife 2008年3月17日 (月) 15:34 (UTC)
大変申し訳無いのですが、ウィキペディアは個人の評論を書く場ではありません。--Uniontour 2008年3月25日 (火) 12:49 (UTC)
Bqの不安にSvで答えても合意に至ることはないので、合意に近づけるための資料が提供されることを執筆者のみなさんにお願いするために、ノートに記載したものです。--Nife 2008年3月28日 (金) 14:01 (UTC)
むしろ実際に反対運動をやっている人たちと原燃さんが、噛み合う議論をしてくださるべきなのではないかと思います。ウィキペディアは推進派と反対派の合意を形成するための場ではなく、お互いの言い分を紹介するための場でしかありませんから。--Uniontour 2008年3月29日 (土) 14:44 (UTC)

クリプトン85 の放出量 年間33京ベクレル[編集]

「万億兆京」という順でならぶ「京=億の一億倍」が感覚的に理解しにくい。
地球の表面積が、約500京cm2(直径12700kmから算出)ということがわかると、「京」の大きさが実感できるでしょうか。
500京cm2÷(33京Bq/2)=30cm2/Bq となるので、大気中に広く拡散した33京ベクレルのクリプトン85から、手のひらぐらいの面積(約30cm2)に毎秒1発、毎分なら60発、一時間なら3600発の放射線(β線)が打ち込まれる。--Nife 2008年3月17日 (月) 15:34 (UTC) (独自研究なので、ノートに記しました。)

イアン・フェアリーによる報告書について[編集]

グリーンピース委託によるイアン・フェアリー報告書についてです。グリーンピースのページでは「15000人がガンになる」という部分を強調していますが、報告書を良く読むと、この数字は六ヵ所再処理工場が40年間、最大能力で運転し続けた場合という、言わば「六ヵ所再処理工場が出しうる放射性物質の理論上の最大値」を用いた上に、人間1人あたりの実効線量ではなく「地球全体での線量」を用い、更に「地球全体での線量」をまとめた上で人間1人あたり1シーベルトずつ被爆させていくという、2重にあり得ない計算で出した数字のようです。こうした数字を取り上げて記述に加えるよりは、元の報告書を詳しく読んで内容を紹介すべきかと思いましたので、修正いたしました。--Uniontour 2008年3月25日 (火) 13:14 (UTC)
元の報告書には「人間1人あたり1シーベルトずつ被爆させていく」なんて記載されていません。「直線しきい値なし(LNT)モデル」による比例計算をしているだけです。その比例係数として「癌死リスク係数を1シーベルト当たり5 パーセント」という値を採用しているのです。他の項目にならい、反対運動の視点とそれに対する反論という段落構成に修正しました。--Nife 2008年3月28日 (金) 15:39 (UTC)
直線しきい値無し仮説の有効性は議論が分かれるところですので、少し手を加えてみました。--Uniontour 2008年3月29日 (土) 14:57 (UTC)
すっきりまとまった感じです。Uniontourさん、ありがとうございます。ご苦労様でした。--Nife 2008年4月3日 (木) 20:32 (UTC)
Nifeさんのお力あってこそです。--Uniontour 2008年4月5日 (土) 08:25 (UTC)