ノート:保志総一朗

ナビゲーションに移動 検索に移動

人物について[編集]

保志氏がどのような役を演じているのか簡単に説明した文を削除する必要はないと思います。あと保志氏が飲み会で行った武勇伝を、まとめたようなものを作ってはどうでしょう?(被害にあった声優の所に書き込むよりはいいと思いますが) --125.204.130.17 2007年2月28日 (水) 12:12 (UTC)[返信]

名字から「☆」と言う仇名でも呼ばれている。
上の文章、全然意味が分からないのですが「☆」とはどういう意味でしょう?「☆」←これはあくまで記号であって少なくともあだ名として呼ばれるということはありえないと思うのですが‥。ファンの間でよく使われる記号なのでしょうが、それならば(例え読みがそのまま「ほし」であったとしても)一般の方にも分かるように読みをつけるべきです。--124.97.167.250 2006年5月14日 (日) 19:15 (UTC)[返信]

イベントやインタビューで話し始めると、つい話が長くなってしまうことが多々あり、「保志くんに喋らせると長いから」と言われて、強制的に終了させられてしまうことがたまにある。

「遙かなる時空の中で2」での高橋直純、宮田幸季らとの3人組ユニット「うしろ向きじれっ隊」ではリーダーのポジションをつとめる。

田村ゆかりさんからの呼ばれ方についての記述ですが、「ひぐらし」以前に「おねがいティーチャー」でお二人は共演されています。「ひぐらし」を載せられたのは知名度ゆえの選択でしょうか。

「同じ誕生日」の記述について[編集]

誰かと同じ誕生日であることが、当人の人格とどのような関係があるのでしょうか。あまりに些末な雑学だと思いましたので、このような記述は削除しました。Pica 2007年4月18日 (水) 07:33 (UTC)[返信]
ミルモでポン!の松竹くんとムルモやメルヘヴンのアルヴィスとベルなどでパートナー役で共演したり、デジモンセイバーズなどでも共演しれおり、お些末だとは思いません。--2007年4月18日 (水) 08:01 (UTC)
「粗末」ではなくて、「些末」と書きました。分かりにくい日本語で申し訳ないです。Pica 2007年4月18日 (水) 08:04 (UTC)[返信]
競演したことと、誕生日が同じであることが、なにか関係あるのでしょうか。Pica 2007年4月18日 (水) 08:08 (UTC)[返信]
作品を御覧になったことがありますか?ムルモは松竹くん所に来た妖精です。メルヘヴンでも2人は重要なパートナーです。それだけでも、声優の話としての雑学では充分です。--Chiwa 2007年4月18日 (水) 08:33 (UTC)[返信]
登場人物が作中でパートナーであることと、両氏の誕生日が同じであることが、なにか関係あるのでしょうか。私は関係ないように思いますが。Pica 2007年4月18日 (水) 08:37 (UTC)[返信]
どうしても、削除したいですか?何か、自分の意見をどうしても通したいようにしているように思えます。どうしても削除しなければならないものでしょうか?声優の話としてはどうしても削除しなければいけないものでもありません。柔軟な態度も必要だと思います。--Chiwa 2007年4月18日 (水) 08:58 (UTC)[返信]
声優であろうとなかろうと、記載する必要がないのであれば、削除したいと思います。なぜ記載しなければならないのか、教えていただけたら良いのですが。Pica 2007年4月18日 (水) 09:03 (UTC)[返信]
誰かと誕生日が一緒というのは人格に関係ないから削除とういことにとらわれ過ぎではないでしょうか?他記事で、誰と共演とか同じ事務所だという文も必要がないといえば必要ないです。 なぜ、同じ誕生日だけにこだわるのでしょうか? 保志本人も、ラジオで、「釘宮理恵ちゃんと誕生日が同じ」と話されたり、「声優グラッチェ」というラジオ番組の声優の誕生日の紹介コーナーデー2人が一緒の誕生日でパートナー役を演じているのをラジオの出演者が感心したりしています。削除するなら他の記事も削除すべきです。--Chiwa 2007年4月18日 (水) 10:06 (UTC)[返信]
Chiwaさんが「同じ事務所だという文も必要がない」とお考えなら、削除したら良いのではないでしょうか。私はどちらでも良いと思います。
「削除するなら他の記事も削除すべきです」とのことですが、両氏の記事で他の何を削除するかについては、Chiwaさんにお任せしたいと思います。無駄な記述を削って、記事の精度をあげて下さい。
誕生日について、記載する理由がないのでしたら、記載しないほうが良いと思います。Pica 2007年4月18日 (水) 10:19 (UTC)[返信]
3回目のリバートを行いました。理由を提示することなく、差し戻しをするのはやめてください。Pica 2007年4月18日 (水) 10:52 (UTC)[返信]
お任せするんじゃなかんたんでしょうか。削除するかいなかは自分だけでは判断しかねるので、元にもどうすという形をとらせていただきました。--Chiwa 2007年4月18日 (水) 11:00 (UTC)[返信]
繰り返しになりますが。
Chiwaさんが「同じ事務所だという文も必要がない」とお考えなら、削除したら良いのではないでしょうか。私はどちらでも良いと思います。
「削除するなら他の記事も削除すべきです」とのことですが、両氏の記事で他の何を削除するかについては、Chiwaさんにお任せしたいと思います。無駄な記述を削って、記事の精度をあげて下さい。
誕生日について、記載する理由がないのでしたら、記載しないでください。書きたいことを何でも書いても良いわけではありません。Pica 2007年4月18日 (水) 11:06 (UTC)[返信]
個人的には、誕生日の話しは無くてもいいと思います。しかし、Picaさんの個人的な意見で削除するのは納得いきません。他の声優でも無駄な文章はたくさんあります。必要ないと簡単に削除するのは、他の人の反感を買うおそれがあります。百科事典には、必要無いというわけにはいきにくいです。明かに間違いや中傷や冗長でもない限り、簡単に削除するもではないと思います。Picaさんの履歴から、次から次へと同じ誕生日トルとなってますが、一つ一つを検証してから削除すべきです。あまりにもお手軽な感じで、同じ誕生日だから関係無い、という理由で削除されているように見えます。その辺が一番ひっかかります。誕生日が同じは、ほとんどが関係ないでしょうが、他人の投稿を削除するというのは簡単な事ではないと思います。--Chiwa 2007年4月18日 (水) 11:36 (UTC)[返信]
「他の声優でも無駄な文章はたくさんあります」とのことですが、それを私に言われても困ります。Chiwaさんが無駄だと思われるなら、Chiwaさんが推敲するしかないかと思います。
私の履歴についての論評ですが、それは私のノートでお願いします。
Chiwaさんの編集哲学についても、私のノートでお願いします。
Chiwaさんが記載が不要と思われるなら、差し戻しはご遠慮ください。Pica 2007年4月18日 (水) 11:51 (UTC)[返信]
コメント依頼を拝見して参りました。ラジオなどのトークで語られた、等のエピソードであれば誕生日が同一である事実は記述してもいいと思いますが、単に事実を書き記すだけでは理由として「薄い」と判断せざるを得ません。極端な言い方をすれば同じ誕生日の人物は沢山おり、それ自体は単なる「客観的情報」でしかないからです。人物を記述する上で重要なのは情報そのものではなく、それによって導かれる他者との関係性であると私は考えます。--クロウ 2007年4月18日 (水) 14:38 (UTC)[返信]
難しいところです。ラジオでああ言ったこう言ったなどと書くことが、そのアーティストを理解するうえではたして意味があるのか、私には疑問です。ラジオのトークで語られた程度のことを、その人の人格を表す「事実」として良いものでしょうか。誰々と同じ誕生日だ、誰々をどう呼んでいる、誰々と友達だ、誰々と共演したなど、あまりに些末な情報を積み上げすぎているように思います。
その人格を形成したエピソードや、アーティストとして歩んできたキャリア、作品に対するアプローチの仕方など、他に書くことがもっとあるような気がします。まずもって作品をして語らせるべきだと思いますが、その上で補足としてキャリア全体の概観や、アーティストとしての方法論などがあれば記載していき、それでもその人格を表現するのに足りないのであれば、はじめて逸話に手を染めるべきでしょう。
好きなアーティストの記事を作りたいというファン心理は理解できますが、トリビアルな逸話だけ積み上げたページを見るのは残念です。Pica 2007年4月18日 (水) 15:17 (UTC)[返信]

コメント依頼から来ました。今回除去・追加を繰り返している部分は、単に「同じ誕生日・血液型」という事実であり、これだけでは何一つ声優そのものの説明に寄与しません。例えばこれが、「同じ誕生日・血液型であることをきっかけに意気投合し、度々ユニットとしてイベントに参加」とか、「同じ誕生日・血液型であるが、折り合いが悪くそのことに触れたがらない」とかそういった人間関係に関わるような情報であれば非常に有益だと思います。……しかしまず、人物の節の箇条書きを何とかしてもらいたいなあ。--cpro 2007年4月19日 (木) 01:17 (UTC)[返信]

Chiwaさんが上のほうで2007年4月18日 (水) 10:06 (UTC)に書かれた、「保志本人も、ラジオで、~(中略)~ラジオの出演者が感心したり」という説明を付加すれば、些末ではなくなると思いますが。--デニー・ウォーア 2007年4月19日 (木) 18:09 (UTC)[返信]
「ラジオで言っていた」というだけでは、記載する理由にならないと思います。毎週必ずラジオでなにかを言うわけですから。cproさんもおっしゃっていましたが、同じ誕生日であることが当人の人格やキャリアに影響がないのであれば、やはり些末な情報になると思います。Pica 2007年4月19日 (木) 22:24 (UTC)[返信]

そうそう、同じ事務所に同じ誕生日の人がいるという現象は非常にありふれたものだということを付記しておきます。誕生日のパラドックスをご覧下さい。アーツビジョンの所属声優をざっと100人として一組以上誕生日が一致する確率はほぼ100%です。--cpro 2007年4月21日 (土) 08:25 (UTC)[返信]

保志と釘宮は「ミルモでポン」の共演を契機に一緒に歌っているキャラクターソング(エンディングテーマにも使用された『スペシャ~ル スマイルッ!』)を出しています。そのキャラソンの説明の補足に「誕生日と血液型が同じ」と記載する程度が妥当で(つまり、ミルモの項目で記載するべき内容)、双方の声優個人の項目に記載するべき内容ではないと思います。--DEN助 2007年4月27日 (金) 02:35 (UTC)[返信]
誕生日が同じという理由でキャラクターソングを歌うことになったのでしょうか。そうでないならヤハリ関係ないと思います。--Pica 2007年4月27日 (金) 06:08 (UTC)[返信]
すべての項目において絶対にいらない内容はあるのでしょうか? 当該のミルモの曲(および松竹とムルモの関係)について触れる際に(共演のきっかけであろうとなかろうと)、トリビアとして「同じ誕生日と血液型」に触れること自体は否定されることなのでしょうか? まあ、この話はミルモのノートでする話でしょうが。--DEN助 2007年5月2日 (水) 02:10 (UTC)[返信]
絶対にいらないのかどうかは分かりませんが、関係ないからいらない、ということはあるのではないでしょうか。--Pica 2007年5月2日 (水) 03:52 (UTC)[返信]

ディシディア ファイナルファンタジー』について[編集]

発売後間もなく冒頭部に代表作として加筆されていますが、「代表作」とするには時期尚早と考えます。同様の提案をノート:関俊彦でしたところ賛同される意見が寄せられましたので、当記事についても一旦除去することといたしました。--AsellusTalk 2009年1月19日 (月) 23:23 (UTC)[返信]

「TV版ブレイクブレイド」について[編集]

オープニングとエンディングの一新や一部追加シーンがあるようですが、アニメ公式サイトに劇場版をTV放送用に再構成となってます。 同じように、劇場版を再構成してTV放送した空の境界がTVアニメの出演リストに載っていない事を考えると、今回のはどうなのでしょうか?--Banpei会話) 2014年2月4日 (火) 13:36 (UTC)[返信]


新規シーンがあるならば別作品の扱いでいいと思います。他の声優の記事では特に問題になっているわけではないようですし、ここもいいんじゃないでしょうか。空の境界は新規シーン一切ない(というかカットされてますし)ですし、いらないと思いますが。新規シーンを含めた再構成作品というと、『涼宮ハルヒの憂鬱 (2009年版)』みたいな例がありますね。--Key73041会話) 2014年3月9日 (日) 16:26 (UTC)[返信]


 追加されるシーンが劇場版では簡素化された一部戦闘シーンなので、半数話が新作だった涼宮ハルヒの憂鬱 (2009年版)の状況とはまた違うかな?と思いますが、実際の放送を見てみないと判断が難しいとも思うので、放送開始後しばらくまではこのまま疑問点としておこうかと思います。「新作扱いでいい」と言う人が他にも何人か居られるようなら直ぐにでも疑問点を外します。--Banpei会話) 2014年3月12日 (水) 15:54 (UTC)[返信]
劇場版とTV版でパッケージ商品は別で発売され、劇場とTV放送とメディアも別で、劇場版が付くか否かですがタイトルも変わっており、今回の件は同一作品として扱わないほうが適切だと思います。追加シーンの内容で判断するのは独自研究になる可能性が高く、判断基準も明確にするのは難しいと思います。--ブローノ会話) 2014年3月25日 (火) 16:14 (UTC)[返信]
ブローノさんが示す基準だと解り易いですね。ただ涼宮ハルヒの憂鬱やKanon(内容が大幅に変更されてるので別作品扱いには納得)といった、同一タイトルで放送メディアも同じでも別作品扱いな物も幾つもありますし、もしかしたら今回の件に一番似ている?HDリマスターしただけではなく、新規カットやシーンを加えて放送された機動戦士ガンダムSEED HDリマスターやSEED DESTINY HDリマスターなどは、放送メディアは同じですが、別名(HDリマスターが付いただけですが)別パッケージ販売ですが同一作品扱いです(内容自体はほぼ同じなので同一作品扱いで納得)。なのでもう少し様子を見てみようと思います。--Banpei会話) 2014年3月26日 (水) 10:28 (UTC)[返信]

別作品として扱う基準としての明確な理由を提示されたとは思えないので正直納得は出来ていませんが、疑問に思う人が他にはおられないようなので疑問点を外します。コメントを下さった方ありがとうございました。--Banpei会話) 2014年5月7日 (水) 13:40 (UTC)[返信]

配偶者の有無に関して[編集]

配偶者の有無に関しては出典が無く、公式発表も無いはずなので、一応消すべきだと思います。--年中二日酔い会話) 2014年10月11日 (土) 04:41 (UTC)[返信]

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

保志総一朗」上の3個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年9月26日 (火) 02:14 (UTC)[返信]