ノート:侍従武官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Aide-de-camp について[編集]

このページの英語版へいくと、侍従武官は"Aide-de-camp"と書かれてました。ちなみに、このページは「日本の侍従武官」というタイトルになってます。"Aide-de-camp"には海外の事例がいくつか書かれています。このページを翻訳するとして、このタイトルはどう訳せばいいと思いますか?あるいは、このページに書くべきですか?--RJANKA会話) 2015年6月13日 (土) 16:06 (UTC)

難しいですね。例えば、ナポレオン時代のフランスについては「高級副官」、アメリカの大統領付は「軍事補佐官」、イギリスの君主付は「侍従武官」と訳されているのを見たことがあります。ちなみに、イギリスについては、”Gentlemen at Arms”が「侍従武官」と訳される場合もあります。その他、実態から見て「附武官」が適訳と思われるような例もありますね。「このページに書く」よりは、副官AdjutantAide-de-campの両方を扱ってもいいかもしれませんね。「欧米では性格によって呼び分けられている」のような解説をつけて。その際は、現行の副官副官 (日本)にしてもいいと思います。あの記事はJPOVが酷すぎて修正する気にもなれませんので。--uaa会話) 2015年6月25日 (木) 12:03 (UTC)