ノート:会津

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 会津のエリアを中心に書いてるものです。磐越西線沿線で追っていくと、最後に野沢の大山祇神社なりますが、リンクされてる項目を追うと瀬戸内の大山祇神社になります。リンクを切ったほうがいいとおもうのですが?どなたかが寄稿するまで・・・・——以上の署名の無いコメントは、210.161.166.64ノート/Whois)さんが 2006年6月19日 (月) 10:20 (UTC) に投稿したものです(三畔 2011年5月1日 (日) 06:38 (UTC)による付記)。
曖昧さ回避をしてみました。これではいかがでしょうか。--Kouchiumi 2006年6月19日 (月) 12:54 (UTC)

ありがとうございました——以上の署名の無いコメントは、210.161.166.64ノート/Whois)さんが 2006年6月25日 (日) 21:12 (UTC) に投稿したものです(三畔 2011年5月1日 (日) 06:38 (UTC)による付記)。

  • 会津のエリアを中心に書いてるものです。只見線沿線で追っていくと立木観音から日光山中禅寺にとんでしまいます。これも曖昧さ回避をしてほしいです・・・——以上の署名の無いコメントは、60.41.16.165ノート/Whois)さん、218.47.250.147ノート/Whois)さんが 2006年10月22日 (日) 07:32 (UTC)、2006年11月3日 (金) 10:05 (UTC) に投稿したものです(三畔 2011年5月1日 (日) 05:49 (UTC) による付記)。
  • 只見線沿線の三島町で(手わっさの里) というのは宮下地区のものなので町全般の(会津桐の里) に直します——以上の署名の無いコメントは、222.150.120.111ノート/Whois)さんが 2007年1月15日 (月) 23:43 (UTC) に投稿したものです(三畔 2011年5月1日 (日) 06:38 (UTC)による付記)。
  • 序文のところ那須山地より帝釈山脈のほうがしっくりすると思いましたが、帝釈山脈は越後山脈の一部でしたので戻しました、すみません。——以上の署名の無いコメントは、220.221.192.248ノート/Whois)さん、60.34.230.89ノート/Whois)さんが 2007年7月5日 (木) 06:57 (UTC)、2007年7月20日 (金) 09:03 (UTC) に投稿したものです(三畔 2011年5月1日 (日) 05:49 (UTC) による付記)。
  • 会津のエリアを中心に書いてるものですが、地域的特長の最後JR只見線沿線最後に「加藤瞬」という名前が入ってますが、当方は記憶にありません。誤植だったら消してほしいです。——以上の署名の無いコメントは、220.221.192.248ノート/Whois)さんが 2007年7月10日 (水) 00:40 (UTC)、2007年7月10日 (水) 01:00 (UTC)、2007年7月14日 (土) 09:42 (UTC) に投稿したものです(三畔 2011年5月1日 (日) 06:38 (UTC)による付記)。
    • いたずらのように思います。消しておきました。--Kouchiumi 2007年7月25日 (水) 14:04 (UTC)

「雁木」という表現について[編集]

序章のほうで「雁木が設置されるほど雪が多い」という表現がでてきますが、私の知る限りで「雁木」またはそれ似た造りを50年以上会津で見たことがありません。この「会津」の編集を手伝うようになってから「雁木」ってなんぞや?と調べたほどです。「雪が多い」のは否定しませんが「雁木」は必要ないと思います。私の知識不足でしたらすみません。

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

会津」上の1個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年9月25日 (月) 18:10 (UTC)