ノート:ワンマン運転

ナビゲーションに移動 検索に移動

> 日本における交通機関のワンマン運転自体は、1951年に大阪市交通局が一部路線の路面電車で夜間に限り行ったのが最初

とありますが、路面電車ではなく路線バス(大阪市営バス)では?なお、大阪市電のワンマン運転開始は1965年で、日本初とされる路面電車のワンマン運転は1954年の名古屋市電下之一色線のはずです。([1]、『大阪市営交通創業100年』2003年、大阪市交通局編集発行などで確認)Utsuda 2004年7月19日 (月) 21:20 (UTC)

ワンマン化できない地方交通線[編集]

ワンマン化できない地方交通線部分についてですが、この部分に関して本当にそのような見解が述べられている公的なソースなどがあるのでしょうか。これがない限りこの部分は乗せる必要性はまったくないと考えますがいかがでしょうか。--東京特許許可局 2007年10月12日 (金) 11:28 (UTC)

採用線区一覧について[編集]

特徴のあるものは極力本文に取り込んだ上で、リストについては削除しました。採用線区の列挙は幅をとる割に「ワンマン運転」そのものの理解には全く役立たないので、このような形式にしておくべきと思います。--こまくさ 2007年12月29日 (土) 16:39 (UTC)

「戦後」のコメントアウト部[編集]

文脈や全体の記述を無視した乱雑な内容であり、一旦コメントアウトしました。900 2008年2月23日 (土) 23:30 (UTC)

不正行為のコメントアウト[編集]

独自見解と考えられるため一旦コメントアウトしました。そのような行為が皆無とは言えませんが、ワンマン運転特有の問題とも思えません。また、乗務員の私的な金銭携帯禁止は、ワンマン化以前から多くの事業者で行われていたことが、記録されています。--rs1421 2009年5月28日 (木) 11:40 (UTC)

都市型ワンマンの定義について[編集]

地下鉄線のワンマン運転と都市型ワンマン運転を区分した記述になっていますが、地下鉄線のワンマンも都市型ワンマンの一種ではないでしょうか。--616F 2010年9月11日 (土) 07:04 (UTC)

「ワンマン」表示の義務[編集]

ワンマン運転#概説に、

> 日本でこの方式により列車を運行する場合は、法令によりその旨(「ワンマン」)を車両に表示することが義務づけられている。

とありますが、下記2点についての説明が不足しているように思います。

  1. 具体的にどの「法令」で定められているのか。
  2. 地下鉄などにある、「ワンマン」表示のないワンマン列車は、どのような扱いなのか。(義務免除の規定があるのか、等)

--月夜野ほたる 2010年9月12日 (日) 15:51 (UTC)

車掌のみ乗務の路線[編集]

舞浜リゾートラインのように車掌のみ乗務はワンマン運転でしょうか? 特急東海会話) 2016年7月7日 (木) 14:00 (UTC)

JR九州の都市型ワンマンについて[編集]

「基本的にハウステンボス号の早岐―ハウステンボス間ならびに2両編成の気動車列車が対象」とありますが ・「にちりん」の787系全区間や全てのD&S列車(2両以下) ・3両でも日豊線813系や筑肥線103系の一部区間、福北ゆたか線の一部区間でローカル列車を含め 実績があります。 また、D&S列車で今は長期運休区間を走っている「九州横断特急」の2両編成の列車では東日本の グリーンアテンダントのように、車内販売員が検札を行っていた例があります。 --106.181.216.22 2018年1月1日 (月) 12:26 (UTC)

JR東日本長野地区の「都市型ワンマン」採用例について[編集]

以下の列車で、JR東日本では珍しい都市型ワンマン運転を行っています。 ・篠ノ井=長野間のしなの鉄道の2両編成 ・「リゾートビューふるさと」の大糸線内 東日本では都市型ワンマンをやっている路線が少ない中で、上記と南武線尻手支線以外で採用例がないと 記述がないようなので追加します。--106.181.216.22 2018年1月1日 (月) 12:25 (UTC)

日本におけるワンマン運転にて述べられている内容について[編集]

> なお、日本の場合は法令により、地上側のホームドアや車上側のワンマン機器を装備せずにワンマン運転を実施する場合は、基本的に最大4両編成までとなっている[要出典]

出典が明記されないまま2年以上経過しており、根拠となる法令がわかりません。手前で調べたところ「法令とは別に四国運輸局が独自に複数両のワンマン運転を認めていない」と噂されている程度のことしかわかりませんでした。間違いでしたら申し訳ありませんが、少なくとも法令で定められている編成長の制約などはないようです。根拠が示されない場合、この文章を削除すべきであると判断します。--Animataru会話) 2018年12月26日 (水) 17:00 (UTC)

出典が示されることがなかったため当該の文章を一旦非表示にしました。今後も出典が示されなければ当該の文章を削除します。Animataru会話) 2019年1月17日 (木) 01:56 (UTC)