ノート:ロッチデール先駆者協同組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加筆[編集]

情報元の多くは、ネットでありますが、手元にあった資料からも加筆しました。ネットの資料には、バラツキがあり少し気に入らない部分がありますが、その(違った?)情報自身に資料としての価値があるして、加えておきました。--JYOQ2 2005年8月15日 (月) 20:00 (UTC) -- たまたま、本を読んでいて興味を持ちました。私の投稿の至らない点等が、気がついたら、ぜひぜひ、加筆願います。

仕入れ額[編集]

その他で「16ポンド11シリングで仕入れ」の記述について、『ロッチデールの先駆者たち』では「商品の仕入れのために残された金は、14~15ポンドでしかなかった」となっています。ろうそくも、営業9日前の記録ですが、含まれていないようです。検索すると「ニューラナークでのロバート・オーエン再発見(2)」というのが見つかったのですが、異伝・新研究があるのでしょうか。 --Yhiroyuki 2008年4月1日 (火) 15:04 (UTC)

ろうそくについて、いくつかのWikipediaと独立した2次情報源で言及があるのを確認しました[1][2]。いずれもロッチデール先駆者記念館で再現された最初の店舗でろうそくを見ています。しかし、公式情報によりますと"The first items on sale were Flour, Butter, Sugar and Oatmeal." [3]となっており、ろうそくは商品に含まれていません。また、一橋大学所蔵の史料では、照明としてろうそくを購入したという記録があります[4]。以上のことから誤情報と判断しろうそくを除去しました。 --Yhiroyuki 2009年9月17日 (木) 15:33 (UTC)
コメント16ポンド11シリングという細かい数値がでているところから、何か信頼できる情報源がある可能性もありますが、一方では仕入れのために残っていたのは14~15ポンドという情報もあるとのことですよね。16ポンド11シリングに関しては情報源がでてくるまで編集除去しておき、『ロッチデールの先駆者たち』を情報源として現在の記述を書き換える方が良いと思います。後日、16ポンド11シリング説については、その説が記載された文献が見つかったときに改めて書けばよいでしょう。--iwaim 2009年9月21日 (月) 17:06 (UTC)

「16ポンド11シリングで仕入れ」の記述について、検証依頼を提出しました。--Yhiroyuki 2009年9月21日 (月) 13:45 (UTC)


ロッチデール先駆者協同組合の最初の仕入れ額について

検証対象の記述
  1. Cquote1.svgこの組合が最初に扱っていた商品は、小麦粉、砂糖、バター、オートミール、ろうそくなどを16ポンド11シリングで仕入れCquote2.svg --ロッチデール先駆者協同組合 2008年3月27日 (木) 23:05 (UTC)の版
依頼内容
上記文中にある16ポンド11シリングという情報について、情報源の調査をお願いします。
この組合について書かれた文献『ロッチデールの先駆者たち』では、「商品の仕入れに残された金は十四~十五ポンドでしかなかった(原書:consistently paying for the necessary fixtures, £14 or £15 was all they had to invest in stock.)」とあります。おそらく、16ポンド11シリングというのはろうそくなどの備品も含めた購入金額と思われますが出所がわかりません(ろうそくを商品とするのも誤りですが、こちらは修正済みです)。
ネット上にWikipediaと独立した情報源はあるにはあるのですが、これ自体は信頼できる情報源には該当しないのと、勘違いによるものと思われる誤りがいくつか含まれているため、別の情報源が必要です[5]
生活協同組合の歴史に関する資料があれば調査願います。また、この組合は経済学の研究対象となることがあるので、その方面で資料がでてくるかも知れません。 --Yhiroyuki 2009年9月21日 (月) 13:17 (UTC)
検証結果
自己解決しました。『ロッチデール物語』(友貞安太郎、コープ出版社、1994年)です。 --Yhiroyuki 2009年9月24日 (木) 12:27 (UTC)