ノート:ラヴレンチー・ベリヤ

Jump to navigation Jump to search

移動の提案[編集]

グルジア語名がなんとなるのかわからないのですが、ロシア語名は「ラヴレーンチイ・パーヴロヴィチ・ベーリヤ」ですから、「ラヴレーンチイ・ベーリヤ」が無理であれば「ラヴレンチイ・ベリヤ」か「ラヴレンチー・ベリヤ」辺りに移動することを提案します。但し、グルジア語名では「ラヴレンティ」となるのだということならば、それでも結構です。--ПРУСАКИН 2007年1月12日 (金) 09:58 (UTC)

(コメント)姓のБерияにつきましては、「ベーリヤ」と表記している本も確かにあります(『スターリンと原爆』ISBN 4272530283、等)。しかし、まだまだ「ベリア」「ベリヤ」の表記が多く、一般に浸透しているとは言えないでしょう。名のLavrentiyは、Googleで調べましたところ、「ラヴレンチー」が多いので、あえて変更するならばこちらの方が良いかと思います。--MZM-MSYK 2007年1月13日 (土) 14:28 (UTC)

では、「ラヴレンチー・ベリヤ」で依存ありません。--ПРУСАКИН 2007年1月13日 (土) 14:33 (UTC)

「ラヴレンチー・ベリヤ」に移動しました。--ПРУСАКИН 2007年1月22日 (月) 09:21 (UTC)

生い立ち・初期の政治活動[編集]

>ベリヤは最大10000万人の人々を処刑し、反乱を鎮圧させた。 は、「1,000万人」の誤りですか? それとも「1億人」ということでしょうか? --114.48.35.117 2009年4月17日 (金) 09:37 (UTC)

すみません、「10000人」(1万人)の間違いです。編集していて、誤って「10000万人」と記述してしまいました。数字が桁外れでしたね、申し訳ないです。修正しておきます。ご指摘ありがとうございます。--ラッツ 2009年4月17日 (金) 21:51 (UTC)

フルシチョフの証言?[編集]

本文に「フルシチョフの証言によると」以下、ベリヤがソ連政府要人すべてを監視していたこと、フルシチョフらはベリヤを会議室に呼び出しいっせいに襲いかかって首を絞めたこと、が書かれています。これは注釈(出典)を見ると、フルシチョフからサダトが聞いた内容のようです。「サダトが伝えるフルシチョフの証言によると」などに変えた方がよいのでは? --忠太会話) 2015年1月27日 (火) 15:00 (UTC)