ノート:ホヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ホヤの名は、ランプシェードに当たる火屋(ほや)にかたちが似ているところから。 →ヤドリギ(ほや)に形が似ているからという説もある。

またその形状から「海のパイナップル」と呼ばれたりもする。 →マボヤのみ。

成体は海底に固着し、 →浮き桟橋や船底にも固着する。

幼生はオタマジャクシ様の形態を示す。 →無尾幼生も存在する。

提案[編集]

生物としてのホヤと、食材としてのホヤを峻別するべきだと思います。 マボヤ(Halocynthia roretzi)を分けるだけでも良いです。--Applepeeler 2007年7月10日 (火) 11:03 (UTC)