ノート:パターナリズム

ナビゲーションに移動 検索に移動

憲法学においては、未成年者に対する人権の制約理由を説明するのにパターナリズムを持ち出すのが一般的で、未成年喫煙の禁止はパターナリスティックな規制(あるいはパターナリズム的介入)の典型例とされていたような記憶があります。個人的に憲法学の分野にはあまり深入りしたくないので、積極的に記述を戻したりはしませんが。--倫敦橋 (Londonbashi) 2007年7月21日 (土) 15:30 (UTC)

ご指摘ありがとうございます。もし出典につながるキーワード(著者名など)でも思い出していただければ、図書館のレファレンスに調査依頼を出すことが出来ます。「パターナリズム」という単語と「未成年喫煙」が同居する出典が明記できる状況になりましたら、記載を戻すべきかと思います。--Album 2007年7月21日 (土) 15:37 (UTC)