ノート:ジェネラル・シャーマン号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゼネラル=シャーマン号事件」という記事が既に存在します。内容的にもこちらの方が豊かなため、当記事は統合/リダイレクトしてはどうでしょうか。Bakkai 2005年6月9日 (木) 11:34 (UTC)

先行は中黒の方で、英語版記事名からしても中黒の方がの方が等号よりも適切に思えます。なので等号の方をリダイレクトする方がいいと思います。履歴を残すことを希望されるのであれば統合依頼なさればどうでしょうか。johncapistrano
「ゼネラル・シャーマン号事件」に統一しました。等号記事からはリダイレクトをかけています。Bakkai 2005年6月9日 (木) 13:08 (UTC)

ジェネラル・シャーマン号は武装商船なのですか?[編集]

http://www.history.navy.mil/photos/sh-usn/usnsh-g/gn-shrmn.htm GUNBOAT:と米国海軍では書いています. GUNBOAT=武装商船という翻訳なのでしょうか? 英語のニュアンスとしては 小船で河で使って武器も積んでいるというイメージだと思うのですが 武装商船という翻訳ではおかしいと思いますが SHIP=船 BOAT=舟 私はそのイメージがあって武装商船の表現を編集しました。 銃をつけた小船ですね.それで写真をみればいかがでしょうか? 韓国系の歴史書は民族主義的歴史観なので武装商船を追い払った勇敢な民族...SO ONって感じで書いてありますが皆様はどのような趣旨で武装商船と翻訳されるのですか? --Lulusuke 2006年6月2日 (金) 17:19 (UTC)

en:Gunboatアメリカ海軍の船がただの商船ですか。あなたのイメージの話は要りません。いわゆる砲艦外交の典型例のようですが。

    Gunboatとは大砲を備えた、そして喫水が浅くて川などの内水面の    航行につごうのいい軍艦です。揚子江などで活動します。     日本海軍では、このタイプの軍艦を「砲艦」と名づけました。     砲艦外交の砲艦とは、関係ありません。こちらは、「大砲や軍艦」の省略です   ね。


[1]英語でもただの商船とは書かないようですがなぜ韓国の歴史書と限定する記述をするんですか?johncapistrano 2006年6月2日 (金) 17:32 (UTC)修正johncapistrano 2006年6月2日 (金) 19:58 (UTC)


こんちは
Your wrote> en:Gunboatアメリカ海軍の船がただの商船ですか。
en:Gunboatはすでに見ておりますがen:American_Civil_Warで使われていた舟ですね。 
Your wrote> あなたのイメージの話は要りません。
milのドキュメントを見ての話ですが110トン tinclad(簡易装甲)ですよね。これを見ての意見を丁寧語で書いたつもりですが
linkが間違っているようです. この舟は当初 商用船でtinclad(簡易装甲)されたとあります。
for commercial employment in the Irish Sea.
Your wrote> なぜ韓国の歴史書
もっとも代表的な歴史書ー>教科書なら日本語で翻訳されておりますのでご覧いただければわかると思います。 
Your wrote> 艦外交の典型例のようですが。
武装装備は何ですか? 乗組員で砲手がいるのですか?
お手数ですがお教えください。--Lulusuke 2006年6月3日 (土) 12:35 (UTC)
gunって書いてあるでしょう。英語版読んだんじゃなかったんですか。gunboatの歴史とUSS General Sherrmanとは必ずしも一致しないでしょう。johncapistrano 2006年6月3日 (土) 14:13 (UTC)

舟の日本語 間違っていました.[編集]

すいません。韓国語の教科書は以下の記述でした。

  • 世界の歴史教科書  新版韓国の歴史 - 国定韓国高等学校歴史教科書』 明石書店 2000年からの引用
一方、丙寅洋擾が起こる直前に、アメリカの武裝商船ジェネラル・シャーマン号(General Sherman)が大同江をさかのぼってきて通商を要求したが、平壌軍民と衝突し炎上沈没した事件があった。これを口実にアメリカはアジア艦隊司令官ロジャーズ(Rodgors)捉督がひきいる5隻の軍艦で江華島を攻撃してきた。--Lulusuke 2006年6月3日 (土) 13:54 (UTC)
これを口実にアメリカはアジア艦隊司令官ロジャーズ(Rodgors)捉督がひきいる5隻の軍艦で江華島を攻撃してきた。
当時、大院君は丙寅洋擾以来国防力をいっそう強化していたので、アメリカ艦隊が江華島に侵略してくると、魚在淵などがひきいる朝鮮の守備隊が広城堡と甲串などでこれを撃退したので、これを辛未洋擾という(1871年)。
フランスとアメリカの侵攻を撃退した大院君は、“西洋蛮人が侵犯したことに戦わないことはすなわち和議することであって、和議を主張することは国を売ることだ"という内容の斥和碑を全国各地に建てて西洋との修好を断固拒否した。--Lulusuke 2006年6月3日 (土) 14:13 (UTC)

アメリカ海軍の砲艇[1]を転用したイギリスのメドウズ商会のジェネラル・シャーマン号が[編集]

この根拠をお願いします。英文WIKIからの翻訳と思われますが、以下の点がおかしいです。

アメリカ海軍の砲艇[1]を転用したイギリスのメドウズ商会のジェネラル・シャーマン号が
米国国防省のサイトから2つのジェネラル・シャーマン号を見つけることができます。
  1. http://www.globalsecurity.org/military/ops/sherman.htm
  2. http://www.history.navy.mil/photos/sh-usn/usnsh-p/pr-royal.htm
2のジェネラル・シャーマン号がこの事件のジェネラル・シャーマン号であるという主張をするのが有名な韓国のプロバガンダサイトの
http://www.kimsoft.com/2000/sherman.htm
です。しかし、この主張の船は
She became the merchant steamer General Sherman and was active until 10 January 1874, when she sank off Cape Fear, North Carolina.
January 1874 North Carolina沈没していますね。ですので朝鮮には行けません。

米国のLOC(国会図書館)資料をみてもアメリカ海軍の砲艇ではなく米国人が船長として乗った船と思われます。--Lulusuke 2006年6月5日 (月) 01:05 (UTC)

大きい方の船だと川に入れそうにないですね。でもどっちも(元)米海軍の船ですよね。で、会社がイギリスで船長が米国人て書いてますよね。韓国のプロパガンダだけでなく北のプロパガンダもあるようですね。johncapistrano 2006年6月5日 (月) 01:24 (UTC)
こんにちは。
(元)米海軍の船←これも見ると違っているようです。--Lulusuke 2006年6月5日 (月) 04:23 (UTC)
会社がイギリス←これは正しいです。
船長が米国人←これも正しいです。
米海軍の船ですよね←この根拠が無いのです。2つの船以外が正しいようです。←自信がないです--Lulusuke 2006年6月5日 (月) 04:23 (UTC)
英語版に追加した資料は何なんですか? 一寸目を通しましたが、関連する記述を見付けられませんでした。米海軍の中ぐらいの方の船と考える方が妥当だと思うんですが、Globalsecurityの方はGunshipとしていますね。会社がイギリス、船長が米国人というのはGlobalsecurityの他の資料でもありますか? イギリスの会社を代理人にしたから商船だと(海軍が)言い張っているように見えます、そういう記述がどっかにあったんですが。johncapistrano 2006年6月5日 (月) 04:40 (UTC)
こんにちは。英語版もどうもおかしいです。政治的に影響のあるものはどうしても自己に都合のよいように書く傾向があるので注意しして原文を探しています。
北朝鮮の文章は金日成のお父さんが追い払ったと書いてあるそうです。(原文は見つけることができないですが英文ではあります)
まあ ある系列の新聞では[2]です。
さて、

船の認識について

  • まず 、Globalsecurityの方はGunship←これは船の名前で昔は"Princess Royal"であった船を改造して商船にしたとありますがそれは間違っているというものです。何故ならば[3]で沈んだ時期と場所が矛盾しているからです。(これと同じようにCOPYして書いているのがKIMSOFTの文です)
  • つぎの船が英文のUSS General Sherman an 187-ton side-wheelですが、これは[4]からのCOPYと思われます。この船で正しいかの根拠を見つけることができないです。
英語、中国語と韓国語で見ていますが、真面目な論文での根拠を見つけることが難しいです。
  • アジア歴史資料センターで朝鮮巡行日誌 レファレンスコード:A03023619500  
  • 国会図書館デジタルライブラリーの近世朝鮮史 林泰輔著の 画像第177/200をみております。

以上の2つは信頼性の高い資料なので2つが合致したものだけを書いています。では失礼します。--Lulusuke 2006年6月5日 (月) 12:36 (UTC)

MEMO[編集]

搭乗者 Robert Jermain Thomas http://www.j-e-s-u-s.org/special/cg4.htm

http://www.history.navy.mil/danfs/a12/ashuelot.htm http://www.history.navy.mil/danfs/g3/general_sherman.htm--Lulusuke 2006年6月5日 (月) 16:37 (UTC) 高宗太皇帝實錄

高宗實錄 三年 七月(MEMO)[編集]

西暦 1866年 8月 14日=高宗 三年(辛酉)  7月 5日 高宗實錄 三年 七月

  • 7月 5日 (辛酉)

初五日。 議政府啓。 卽見公忠監司申檍狀啓。 則海美調琴津來泊異樣船一隻。 云是英國之船。 而英人淸人。共爲三十人。 其中英國商人戴拔云者。 曾於春間。 來請通貸。 復來爲懇。 故嚴加開諭。 使之斯速退去。 而問情譯官下送事。 請令廟堂稟處矣。此是春間來泊之船。 而其所爲言。 卽不過復申前說也。 物貨交易。 國典之所不許。 則嚴辭退送。 不容少緩。 解事譯官一人。令該院罔夜下送何如。 允之。

  • 7月 6日 (壬戌)

公忠監司申檍以卽接水虞候韓用昇。 海美縣監金膺集聯報。 則異樣船昨日發船。 纔到七里許留碇矣。 今日仍爲發船。 故登高瞭望。 則直向西海大洋。 遠遠去了。 杳無形影。 彼雖遠去。 連加瞭望云。 故勿爲還官。 更探馳報之意題飭啓。

  • 7月 8日 (甲子)

議政府啓。 卽見北京禮部咨文。 則以爲前因法國公使。 屢請發給傳敎士護照往朝鮮。 而自總理衙門。以習敎非朝鮮所願。 礙難發照行文矣。 復據法國公使照會內。 稱高麗國王。 將法國主敎二人及傳敎士九人。 竝本地習敎男婦老幼。 盡行殺害。是以命將興師兵船。 不日齊集云。 中國旣知此事。 不能不從中排解。 而如果有殺害敎士等情。 先行據理査詢。 不必遽起兵端。 以此行知該國。使之熟思審處云矣。 總理衙門之排解。 禮部之移咨。 俱宜有稱謝之擧。 而至若事實始末。 亦不可不該備措辭。 回咨文。 令文任撰出。別定䝴咨官。 以爲不日入送之地何如。 允之。 回咨。 弊邦自昨冬以來。 有凶徒匪類。 聚黨糾結。 潛圖不軌。 遂乃掩捕。 則異國人八名。不知何處冒越。 衣冠言語。 與東國無別。 甚至姦昵婦女。 幻形匿跡。 其久處弊境。 推可量會。 藉曰傳習其敎。 安用此祕詭爲哉。異國人之漂到弊國者。 盡行護還。 至若無公憑潛越者。 一切置辟。 原係金石之成憲。 此所以竝施當律者也。 假使弊邦之人。 潛入他國。冒禁煽訛。 民國與受其害。 則他國必鋤誅之無遺。 弊邦亦不當一毫致憾。 靖封疆嚴邦禁。 易地皆然矣。 弊邦與法國隔以重溟。 不通書契。抑有何舊怨夙嫌。 不思所以全歸之方。 忍行此誅殛之擧乎。 今此法國之執言。 圖慮之所不及也。 弊邦僻遠。 全昧機會。 而幸蒙諸大人之排難解紛。敎之以熟思萬全之計。 此誠格外眷佑之盛德至意也。 容俟前頭使行。 稱謝忱悃。 玆先備悉事由。 有此覆陳。

  • 7月12日

京畿水使徐相稷。 以二帆竹異樣船一隻。 今月初十日。 漂過營下喬桐府西面頭山里前洋。 故登時帶軍官問情。則答英國商人。 物貨交易次。 前月自淸國上海縣。 離發到此。 將向京江云。 故以國禁至嚴。 自此回棹爲言。 則唯唯而答。 仍逆水制船。直向江華境。 欲執而無奈。 欲問而未遑矣。 臣營處在海門咽喉。 不能防禦。 溺職惶恐啓。

議政府啓。 卽見江華留守李寅䕫狀啓謄報。 則以爲異樣船一隻。 今月初十日申時。 過去寅火堡。 十一日辰時。來泊月串鎭前洋。 稱以英國商人。 求通商交易。 要往京城。 且問程路。 而問情之際。 語音難通。 譯官一人下送事。 請令廟堂稟處矣。旣稱英國人。 又要通商交貨。 則似是海美所泊船之轉轉到此者也。 此不可不嚴防乃己。 解事譯官一人。 除下直罔夜下送。 使之曉諭斥退何如。 允之。

  • 7月 13日

議政府啓。 卽見江華留守李寅䕫狀啓。 則以爲月串鎭所泊英國商船。 更爲問情。 則係是曩經海美而所來者。英商戴拔船主詹仕在其中。 專請兩國通貨。 以其水淺。 退住於昇天堡前洋。 而稱有數種進獻之物。 復求鷄魚菓菜等屬。 旣無已例。 有難擅便。請令廟堂稟處矣。 洋船汔此逗遛。 誠亦可駭之甚。 而至於進獻物種。 有關事體。 使問情譯官。 曉諭退却。 糧饌等屬。 從厚除給。以示柔遠之意何如。 允之。

  • 7月15日

黃海監司朴承輝狀啓。 以爲卽接黃州牧使丁大植所報。 則黃州牧三田坊外松山里前洋。 異樣船來泊矣。初八日寅時量。 卽到異樣船所泊處。 使形吏李耆魯。 營吏辛夢辰等。 先通地方官問淸之由。 則答以來見云。 故舟泊於彼船近處。 彼人數十名。各持銃刀。 排立船頭。 始許登船。 彼四人。 或倚坐或坐梢頭。 仍請同坐後。 書問何國人。 緣何到此。 則書答我等乃是西洋三國之人。而上座崔蘭軒何噶特。 竝居英吉利。 普來屯居美利堅。 巴使居但國云。 擧皆深目高鼻。 碧眼黃髮。 的是西洋人無疑。 而崔蘭軒一人。非但善爲華語。 稍解我國言。 或可辨或不可辨。 至於擧談。 盡委於李八行。 然船中事。 渠皆主張。 所謂李八行趙半良。 係是中國人。被英聘爲幕客。 其餘二十四人。 或暹羅及廣東上海縣人。 爲鄕導爲雇傭爲水手。 均是從人云。 而欲問其姓名。 則係我舟中之事。 無關君等。問但國所在。 則答在西洋。 距兩國一千五百里。 而三國人同爲行商。 今七月初一日。 自山東離發。 歷白翎椒島串席島轉向平壤。 而我舟貌似兵船。實欲通商貴地。 紙米金蔘貂皮等物。 換我洋布器皿。 別無相害之心。 換貨早畢。 直自平壤回舟。 不然。 雖往王京。 通商後歸云。故問旣云往平壤通商。 則有我國人相應交易者乎。 答沒有。 又以來泊外洋。 容或無怪。 而越入內洋。


以上からシャーマン号事件がは9月と言うには誤りであり、8月14日→16日が正しい。間違い。。。名前が違う--Lulusuke 2006年6月6日 (火) 11:14 (UTC) --Lulusuke 2006年6月6日 (火) 01:34 (UTC) やはり8日か。。--Lulusuke 2006年6月6日 (火) 11:33 (UTC) 普來屯=ブレートン 巴使=ページ 崔蘭軒=トーマス これがShermanの搭乗員ですね。 --Lulusuke 2006年6月6日 (火) 11:39 (UTC)

確認中[編集]

  • 高宗 3卷 3年 7月 27日 (癸未)

二十七日。 平安監司朴珪壽狀啓。 平壤府所泊異樣船。 益肆猖狂。 轟砲放銃。 殺害我人。 其所制勝之策。莫先於火攻。 一齊放火。 延燒彼船。 彼人崔蘭軒趙淩奉。 跳出船頭。 始請救生。 卽爲擒捉。 縳致岸上矣。 軍民憤忿。 齊會打殺。其餘殲滅無遺。 全城騷擾。 始可鎭定。 兼中軍鐵山府使白樂淵。 平壤庶尹申泰鼎。 親冒銃砲。 心力俱殫。 畢竟勦滅。 可歸全功。施以襃賞之典。 恐未知如何。 當初異船之入境。 旣不能防捍。 至有副將拘執之辱。 終不免厮殺乃已。 有違聖明柔遠好生之德。 臣不勝惶恐待罪。敎曰。 關西一道。 箕聖故都。 服襲八條。 忠義相勉。 朝家之視他有別久矣。 今其西洋醜類。 闖入浿江。 拘執副將。 殺害民人。 小竪跳踉。本不足血刃。 蓋其稔惡旣久。 自干天誅者也。 方伯守宰之整頓紀律。 臨機制勝。 已有全功。 而軍校吏民之爭先勇赴。 殪殄無遺。 忠憤所激。氣義可尙。 平安監司朴珪壽。 特爲加資。 兼中軍鐵山府使白樂淵加資。 許用營將履歷。 平壤庶尹申泰鼎。 限一瓜久任。 道伯與中軍庶尹。仍施璽書表裏之典。 前中軍李玄益雖己責備。 不無奔走之勞。 許用邊地履歷。 其餘校吏。 自本營從厚施賞。 公穀會減道臣勿待罪。

しかし、なかなか難しい。 --Lulusuke 2006年6月6日 (火) 11:44 (UTC)

論理的に唐突な記述[編集]

>この事件は朝鮮側のナショナリズムによって、シャーマン号側の不法行為に対する自衛反撃であると歪曲されている。

この記事にはそもそも「なぜ事件が起こったか」という記述がなく、上の記述は唐突であるため削除しました。--Clarin 2007年9月15日 (土) 09:17 (UTC)

スクーナー型帆船?[編集]

スクーナーではなくて、舷側式の外輪船でした。その上、砲艦でした。英語のエントリー(USS General Sherman)の文書と写真をご覧ください。QuantumK会話) 2015年4月24日 (金) 03:14 (UTC)

{{観点}}[編集]

米国国防省のBruce E. Bechtol Jr. という人の書いた "Avenging The General Sherman: The 1871 Battle of Kang Hwa Do" 「ジェネラル・シャーマン号の弔い合戦: 1871江華島海戦」の The Ill-Fated General Sherman という箇所を読むと、この記事が米国側の観点を無視して書かれていることが分かります。したがいまして、{{観点}}を付けておきます。Takabeg会話) 2015年6月20日 (土) 21:55 (UTC)

日本近代史の歴史認識をまとめていますというサイトにある情報が正確ならば、当記事は、「朝鮮民主主義人民共和国歴史学学会」の見解に沿って書かれている感じがします。Takabeg会話) 2015年6月20日 (土) 22:06 (UTC)