ノート:クロルプロマジン

ナビゲーションに移動 検索に移動

クロルプロマジンの薬理作用等について[編集]

  • 「沿革」の後半の記述に、
クロルプロマジンの発明が精神科病院の閉鎖病棟を開放する大きな動機づけとなったことは良く知られている。[要出典]

と出典を求められていますが、医療関係者であれば説明を要し無い常識的なことでも、一般の読者を対象とした Wikipedia では説明を求められる宿命と思います。 Wikipedia は初心者で本文編集方法には疎いのですが、「1952年、人工冬眠麻酔をてがけていたフランスの外科医Laborit のクロルプロマジンの研究を端緒に、それまで不可能とされていた精神病の薬物療法の歴史が始まった。」こと等を分かり易く記載しては如何でしょうか。         

  • 「適応」の項目に、
おおむね、活力が減退し、「意志」の力が減退する。また、外的なストレスに弱くなり、内部に「ストレス」が蓄積される。
[要出典]

に関しては、記述の意図する趣旨が理解できません。本剤は、抗DA、抗NA等の必要な患者に処方されるので、健常者に誤投与すれば当然の結果として、精神活動の障害が発生することは自明です(この意味からも「向精神薬」として厳しい規制がされています。)。 故に、この記述は削除されるべきと思います。 また、抗Ach作用が強く錐体外路系副作用は少ない印象があります。ちなみに「鎮静作用が強く、中枢神経遮断作用も有し、統合失調症の異常興奮等の陽性症状に優れた効果があり、現在でも繁用されている代表的な薬剤の一つ」であると思われます。 --sophia-s会話) 2012年8月24日 (金) 13:31 (UTC)