半保護されたページ

ノート:オールトの雲

ナビゲーションに移動 検索に移動

記事について

「太陽の重力が届かなくなる」のような不正確な表記があったので修正しました。現在では、オールト雲には「古典的オールト雲(外部オールト雲)」と「内部オールト雲」があり、恒星や分子雲との近接遭遇により、内部オールト雲から外部オールト雲と太陽系内部に彗星が供給されるという説があり、本来ならばこれも記述すべきですが、余裕がないので、できる範囲で間違いのないようにしておきました。--Toshi-kun 2008年8月7日 (木) 15:21 (UTC)[返信]


「オールトの雲・・・とは、太陽系を球殻状に取り巻いていると考えられる仮想的な天体群」とありますが、天文学では「仮想的」という学術用語があるのでしょうか? 世俗の身としては「仮説的」が正しいと思うのですが。他の分野だと「仮想粒子」や「仮想現実」といった使い方の専門用語です。--24.5.134.33 2009年10月23日 (金) 16:38 (UTC)[返信]


概要節で「仮説を否定する証拠も現在のところ特に無い。」と書かれていますが、いつ現在でしょうか?あと、ないことを証明するのは難しいと思いますので、書き方を変えたほうがいいと思うのですが、当方この記事に関する知識がないためわかる方修正お願いします。--124.103.238.82 2011年8月9日 (火) 19:05 (UTC)[返信]

ヒルズの雲について

太陽系天体に関連する項目のページ下部にあるテンプレから「ヒルズの雲」でリンク先に飛ぶと、このオールトの雲に辿り着きますが、ヒルズの雲についての説明が全くありません。これでは意味が無いのではないでしょうか。--220.254.99.30 2013年5月11日 (土) 17:27 (UTC)[返信]

まったくの同感です。--Plasmaniac会話) 2016年1月30日 (土) 23:21 (UTC)[返信]

Google翻訳を使う場合、英語版は例の意味不明な文章に。フランス語版・ドイツ語版・韓国語版・アラビア語版あたりが参考になりそうです--バンドで貧乏会話) 2020年9月2日 (水) 15:08 (UTC)[返信]