ノート:オワイン・グウィネズ

ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事を書いてくださってありがとうございます。

元がウェールズ語なので、読み方がはっきりわからないのですが、Googleで検索してみると、「グウィネズ」の方が多いみたいですが、「グウィネッズ」が言語により近いのでしょうか?ご存知なら、ぜひ教えてください。

ちなにみ、「修道士カドフェル」では、「オエイン・グウィネズ」と書いています。秀の介 01:36 2003年9月13日 (UTC)

ぶっちゃけ私もウェールズ語は分からないんですが、山川出版の『イギリス史I』が「グウィネッズ」としていたのでそれに従いました。多分発音はgwinezか何かで、終末子音を「ッ」あるなしで表記するのは書く人の「趣味」のレベルでしょう。検索すると英国観光庁のサイトでグウィネズとあるので、あるいはそれに権威?を認めて従ったほうがいいかもしれません。ファーストネームは、先述の山川の本ではオウェンになっていますが、英語版の記事に「Owainは英語のOwen」とあったのでイギリスの社会主義者Robert Owenが(少なくとも私が高校時代に使っていた世界史の教科書では)「オーウェン」とカナ表記されていることの連想からオーウェンにしておきました(これもヘンリー1世をヘンリ1世とするたぐいの、カナ表記上長母音を入れるか入れないかの問題ですが…)。もちろんウェールズ語の発音ではオワインないしオエインのほうが近い可能性もありますし、厳密を期せばウェールズ語の教科書か言語学大事典あたりにあたってウェールズ語の発音を調べたほうがいいかもしれません。今は宿題にさせてください。Safkan 06:05 2003年9月13日 (UTC)
はい。オーウェンも気になっていました。やっぱり、ウェールズ語に詳しい方の登場を待つのが一番でしょうか。
ウェールズ関係のサイトでおもしろいのがありました。[1] 秀の介 07:41 2003年9月14日 (UTC)
Gwyn-でやはりウェールズ語だったのですか。ひとつ利口になりました。ヴァーグナーやシュトラウスを得意とするオペラ歌手(ソプラノ)Gwynes Jonesもウェールズの人なんですが、グィネス、グィニスからはてはギネスまでいろいろな表記が氾濫しています。NHKの海外番組の放送のアナウンスでオーストリア放送協会(もしかしたらバイエルン放送協会かも)の人はグウィネスに近く発音しているように聴きましたが、何しろドイツ語圏の人でしょうから...sphl 08:20 2003年9月14日 (UTC)
Welsh languageを見ると、"dd"は"dh"の発音のようです。"y"は"sunny"の音とありますから、となると"Gwynedd"は"gwinedh"と発音することになり、グウィネズにするかグウィネッズにするかはやはり個人の好みでしょう。となると、用例が多い「グウィネズ」にそろえたほうが良さそうですね。オーウェンになるかオワイン・オエインになるかは二重母音aiがあるかどうかの違いですが、この記事だけではよくわからないので、近く図書館で言語学大事典にあたって調べてみようと思います。
Gwyn-といえば、ギネスブックで有名な、ビール製造会社のギネス(Guinness)ってのがアイルランドにありますが、確か、その創業者がギネス氏だから、ケルト語の地名・姓なのでしょうね。余談です。Safkan 09:14 2003年9月14日 (UTC)
図書館で調べてみました。
まずGwyneddですが、やはり著者によってグウィネッズと書く場合とグウィネズと書く場合があり、好みの問題ということになりそうです。前回調べたように確かにddは二重子音ではなく英語のthatのthの音を表す子音ですので、となるとやはり広く用いられているグウィネズが良さそうです。
次にOwainですが、言語学大事典によるとウェールズ語のo,w,a,iはともに母音で「オ」「ウ」「ア」「イ」をあらわすそうです。となるとオウアインと読むのかと驚きましたが、ウェールズ語にはどうも特殊な発音・例外的発音もあるようで、人名も英語化してしまって英語風の綴り・発音とごちゃごちゃになっているようです。また、『西洋人名よみかた辞典』という本ではOwainのところにはOwenと同じで「オーウェン」と書いてありました。以上のことから、「Owainはウェールズ語本来の読み方はよくわからないが、少なくとも現代では英語化したOwenと同じ読み方をする」と目下のところ結論します。
以上から、記事名は「オーウェン・グウィネズ」に移動し、「日本語ではオウェンあるいはオエインと表記する場合もある」と書き入れるのが良いと考えます。しばらく待って反論がなければそのようにします。Safkan 05:08 2003年9月15日 (UTC)