ノート:エルヴィン・シュレーディンガー

ナビゲーションに移動 検索に移動

2006年7月24日19:56の版で付け加えられた記述に疑問があるので、削除しました。

  • 「ユダヤ系」とありますが、シュレーディンガーはカトリックで、ベルリンを去ったのはナチスの政策に反対だったからだと認識しています(英語版もそうなっています)。
  • 「真性の小児性愛者」という記述が唐突に加えられましたが、ソースはあるのでしょうか。Webで簡単に検索した限りでは、このWikipedia日本版からの引用しか見当たりませんでした。「二人の妻を持っていたことが問題になってプリンストン大学への赴任をあきらめた」という記述なら英語版にはありますが・・。センセーショナルな内容なのと、同時に加えられた宗教に関する記述の真偽も怪しいため、とりあえずこの記述も削除します。

しっかりした知識をお持ちの方、フォローをお願いします。--Huemat 2006年12月25日 (月) 10:08 (UTC)

上記を書いたあとで「10代の少女への関心を持ち続けた」という記述を見つけましたので、「真性の小児性愛者」というのが正確かどうかはともかく、特殊な性癖があったのは確かなようですね。二人の妻の件といい、私生活面もいろいろ興味深い人物だと思いますので、そのあたりの記述が充実することを望みます。--Huemat 2006年12月25日 (月) 10:24 (UTC)

  • 小児性愛者であることはもっとも通説的な研究であるWalter Mooreのよるシュレーディンガー伝記で詳述されています。ソロモン海 2007年7月5日 (木) 09:17 (UTC)
  • ”シュレーディンガーの猫には解答が見いだされている。”とありますが「シュレーディンガーの猫」の項には解答が書かれていません。解答が見出されているというのならば、きちんとした解答を示すか出典を明記すべきです。英語版等にありますように、「今だに議論されている。」とするべきだと思います。